さがみはら緑区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

改修に民間意見聴取 北市民健康文化センター

経済

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena

 隣接する北清掃工場からの余熱供給を受けて、温水プールなどの運営を行っている「北市民健康文化センター」(下九沢)。同センターは1999年の開所から20年以上が経過し改修時期を迎えることから、市は今後の活用方法など、施設の在り方について検討を進めてきた。

 今回、市は市場性の有無やアイデアを聴取するため、民間事業者などと直接対話をする「サウンディング型市場調査」を実施。その結果を9月7日に発表した。

 調査は7月に13事業者が参加し、改修内容 、事業手法、管理・運営方法について話し合った。

 施設の現状の課題や評価については「広域から人を呼び込む施設ではなく、地域や市民利用が中心となる」「アクセスが良好ではなく、バスの利便性向上や駐車場の確保が必要」「緑区の都市部エリアに近接する強みを活かし、十分に事業が行える可能性がある」「施設の魅力向上により、利用人数の増加を十分に見込める」などの意見があった。

 一方、改修については「既存施設の機能回復を図るほか、多目的スタジオを導入するのはどうか」という意見のほか、「常設でのカフェやレストラン機能は収益性などから困難」という声が上がった。さらに、「レジャー要素は『残すべき』『一定程度でも残すべき』」が半数以上、「プール施設は性質上劣化が早いため、長寿命化改修に近い工事が必要」という意見もあった。

指定管理者制度を

 運営方法については、引き続き指定管理者制度が望ましいとの声が多く、その場合、事業期間は15年間程度が望ましいとの意見が多かった。そのほか、「改修事業を進めていく上で、金銭面の責任の所在の明確化などが必要」「民間事業者が自由に提案できる方が参入する企業は増える」など活発な意見が出された。

 市は「今回の結果を踏まえ、施設に必要な機能など今後の活用方法や民間活力を活用した事業手法などの検討を進めていく」と話した。

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

代表理事に吉野氏

代表理事に吉野氏 社会

相模原市観光協会

6月30日号

ETC専用の料金所に

相模原IC

ETC専用の料金所に 社会

今日6月30日から

6月30日号

余剰品をフードバンクに提供

余剰品をフードバンクに提供 社会

「地元の強み」生かす 共生食品株式会社

6月30日号

銀行員が詐欺を阻止

銀行員が詐欺を阻止 社会

津久井警察署から感謝状

6月30日号

ハマスタめざし初戦必勝

緑球児の横顔【2】

ハマスタめざし初戦必勝 スポーツ

県立津久井・橋本高校

6月30日号

高校生に選挙の授業

津久井JC

高校生に選挙の授業 社会

「投票しなければ変わらない」

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook