八王子版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

愛護団体 保護犬、保護猫知って 日野で写真展 24日から

文化

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
写真展のチラシを持つ東松さん
写真展のチラシを持つ東松さん

バレエ東松さん企画

 飼い主に捨てられるなどしその後助けられた「保護犬」「保護猫」の存在を知ってもらおうと、日野市の動物愛護団体が写真展を開催する。会場はとよだ市民ギャラリー(日野市多摩平)で期間は11月24日(火)から29日(日)まで。入場無料。

 主催の「どうぶつ愛護活動隊キュイーン」は八王子市上野町の「バレエシャンブルウエスト」の東松(とうしょう)由香里さん(バレエミストレス)が代表を務める。東松さんは2年前、個人でこの展示を企画。昨年からは同団体の活動として実施している。

 期間中はおよそ50点の写真を展示する。児童文学作家の今西乃子さんが全国で展開する「命の授業」でも紹介されている、虐待を受けたり捨てられたりした犬の姿などもある。過去の来場者からは「命の重さはみんな一緒とわかった」「最後の最後まで大切にしたいと思った」などの感想がある。

家族待つ子いる

 東松さんは数年前に報道された、ある虐待事件がきっかけで保護犬、保護猫について強く関心を抱くように。「ペットショップは華やかですがその裏で辛い思いをするペットもいる」とし、飼うことについて「ショップ以外にも家族を待っている子がいると知って欲しい」と話す。写真展によって「傷つけるのも人、それを救うのも人。救う側の人が増えてもらえれば」と期待する。期間中の連絡は【電話】042・586・1961へ。

八王子版のローカルニュース最新6

感謝状贈呈

心肺停止救助

感謝状贈呈 社会

11月19日号

チャリティで一字

注目選手が試合

ボクシング

注目選手が試合 スポーツ

23日新宿 中屋ジム所属

11月19日号

着物リメイク

保護犬、保護猫知って

愛護団体

保護犬、保護猫知って 文化

日野で写真展 24日から

11月19日号

部屋暮らしにシクラメンを

石川農園

部屋暮らしにシクラメンを 文化

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

未来の巨匠集結

八王子映画祭

未来の巨匠集結

12月5日、日本閣で

12月5日~12月5日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク