八王子版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • ごみ増加「分別徹底を」

    八王子市

    ごみ増加「分別徹底を」 社会

    収集車火災も 「有害」に注意

     外出自粛の影響から、普段はできない自宅の片づけを行う人も多いようだ。市によるとごみの量が全品目で増加している。そんな中、ごみの分別の仕方がわからずにスプレー缶...(続きを読む)

    5月28日号

  • 給食用の野菜を販売

    【Web限定記事】

    給食用の野菜を販売 社会

    生産者支援 市役所前などで

     「給食用に育てた野菜をぜひ食べて」――。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う休校のため、市内の学校給食で使用されなくなった野菜を市民に提供しようと、八王子市役...(続きを読む)

    5月21日号

  • 飲食店を支援 食事券好評

    飲食店を支援 食事券好評 社会

    3日で完売 追加販売に

     例年5月に開催されるワインイベント「サンヴァンサン八王子」の実行委員会(吉見直高実行委員長=写真/フランス料理SCENE(シーン))は、参加する飲食店の支援を...(続きを読む)

    5月14日号

  • マスクでつなぐ絆

    マスクでつなぐ絆 社会

    裁縫内職 施設に謝礼

     介護施設や障害者福祉施設に布マスクを作ってもらう企画が市民の有志団体の発案でスタートした。医療関係者などにマスクが届くようにする。製作者の施設へ謝礼を渡すこと...(続きを読む)

    5月14日号

  • 農業 「地域浸透」に喜び

    農業 「地域浸透」に喜び 社会

    5期目 早期退職の2人

     大手企業を早期退職し農業を始めた男性2人が5期目の活動に入っている。市場に受け入れられる野菜を栽培できるようになり、この春には東京都から作業工程につ...(続きを読む)

    5月8日号

  • 「野生獣」窓口を一本化

    八王子市

    「野生獣」窓口を一本化 社会

    市民に分かりやすく

     八王子市は今年度から、市民らの分かりづらさを解消するため、野生獣対策の窓口を一本化した。新設された獣害対策課の須藤文夫課長は「我々の業務の効率化にもつながると...(続きを読む)

    5月8日号

  • 市内美術館で動画配信

    WEB限定記事

    市内美術館で動画配信 文化

    過去の作品展など紹介

     新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、閉館が続く八王子市内の美術館で過去に開催した展覧会の様子が分かる動画を配信している。谷野町の東京富士美術館では2月末に...(続きを読む)

    4月30日号

  • 東京工科大、新学長に大山氏

    東京工科大、新学長に大山氏 教育

    【Web限定記事】4月1日に就任

     片倉町・東京工科大学の新しい学長に昨年度まで工学部機械工学科教授で副学長を務めていた大山恭弘氏が就任した。4月1日付、軽部征夫・前学長の逝去に伴うもの。...(続きを読む)

    4月30日号

  • マスク、消毒液を寄付

    マスク、消毒液を寄付 社会

    市内企業 「独自調達、備蓄分」

     新型コロナウイルス感染症の拡大により全国的に衛生用品の不足が伝えられるなか、市内企業が海外から独自に調達した不織布マスク、備蓄していたアルコール消毒液を八王子...(続きを読む)

    4月23日号

  • 志村さん祖先は千人同心?

    志村さん祖先は千人同心? 社会

    可能性あり 「歓迎」との声

     先月亡くなった、コメディアンの志村けんさんの先祖が江戸時代、現在の八王子地域などを守った武士集団「八王子千人同心」のひとりであった可能性があるという。千人同心...(続きを読む)

    4月23日号

  • 情報発信で地元飲食応援

    情報発信で地元飲食応援 経済

    有志「弁当サイト」立ち上げ

     新型コロナウイルス感染拡大への懸念から利用者が減少している地元飲食店を応援しようと、有志がデリバリーやテイクアウトの情報を集約しWEBで発信し始めた。主なサイ...(続きを読む)

    4月16日号

  • 「街の郷土料理」言い伝え

    狭間町星野さん

    「街の郷土料理」言い伝え 社会

    時短食としての薦めも

     狭間町に住む星野厚子さん(82)が八王子に伝わる郷土料理を言い伝えている。「それらは時短料理として、現在忙しい毎日をおくる皆さんにも参考にしてもらえればと思っ...(続きを読む)

    4月16日号

  • 寺院が児童受け入れ

    寺院が児童受け入れ 教育

    春休み 居場所を提供

     春休みの期間、学童保育所に入れなかった待機児童の居場所対策として、上野町の本立寺(ほんりゅうじ)が4月1日から子どもたちに客殿の一部を開放した。学校...(続きを読む)

    4月9日号

  • デッキ延伸「大きな期待」

    デッキ延伸「大きな期待」 社会

    ユーロードへ直結

     JR八王子駅北口にあるペデストリアンデッキ「マルベリーブリッジ」が延伸した。市が駅周辺の環境整備の一環として2018年から工事を進めてきた事業で4月5日、西放...(続きを読む)

    4月9日号

  • 「LGBTについて知って」

    「LGBTについて知って」 社会

    市内で取り組み活発化

     セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)について知ってもらおうとする動きが八王子でも進んでいる。男女の共同参画社会形成を目指す八王子市男女共同参画センター(東...(続きを読む)

    4月2日号

  • 住宅地に群生

    片倉城跡のカタクリ

    住宅地に群生 社会

    「名所」定着 一方で悩みも

     片倉城跡公園(片倉町)に咲くカタクリが見ごろを迎える。公園が開所した1972年から薄紫色の花を咲かせてきたこのカタクリは「名所」として八王子市内外から人を呼び...(続きを読む)

    3月26日号

  • 小仏川に古生代の化石か

    小仏川に古生代の化石か 文化

    棘皮動物「ウミユリ」と推測

     小仏川(南浅川)の河川敷で古生代の動物「ウミユリ」の化石とみられるものが見つかった。市内の化石と言えば「浅川のメタセコイア」がよく知られるが、ウミユリについて...(続きを読む)

    3月26日号

  • 地域 ブランド化し発信

    商店会NPO

    地域 ブランド化し発信 文化

    グッズ等製作 魅力向上へ

     地域の魅力を向上するために、市内でブランディング(ブランド化)を進める動きが見られる。ある商店会はオリジナルグッズを作り、あるまちづくりNPOは専門会社と組み...(続きを読む)

    3月19日号

  • 「人の魅力」伝え70年

    元八王子町新制作座

    「人の魅力」伝え70年 文化

    市内高校生らに指導も

     元八王子町を拠点に国内外で演劇を通じ人の魅力を伝えてきた劇団「新制作座」が今年、創立70周年を迎える。代表作「泥かぶら」の公演数は1万5000回を超え劇団は市...(続きを読む)

    3月19日号

  • 「高尾」に道の駅を

    館ヶ丘自治会

    「高尾」に道の駅を 経済

    拓大研究室と1年検討

     高齢化する地域の活性化を目的に「道の駅を作ろう」という動きがある。活動するのは館ヶ丘自治会と拓殖大学の徳永研究室による「八王子西南部地域に道の駅検討会」。1年...(続きを読む)

    3月12日号

  • コロナ 終息願い

    産千代稲荷神社

    コロナ 終息願い 文化

    「できることを」 特別神事

     新型コロナウイルスの感染者が増えるなか、一刻も早い終息を願い、小門町の産千代稲荷(うぶちよいなり)神社で3月7日、湯立神事が執り行われた=上写真。小泉宜久宮司...(続きを読む)

    3月12日号

  • 「災害対策」見直し急ぐ

    八王子市

    「災害対策」見直し急ぐ 社会

    台風19号受け、ルール改定

     八王子市が現在、昨秋起こった「令和元年台風第19号」を教訓に防災対策の一部見直しを進めている。今月中には19号の記録誌をまとめるとし、防災に関する市のルール変...(続きを読む)

    3月5日号

  • 高校生 児童に防災指導

    高校生 児童に防災指導 教育

    工学院大附 「楽しく」伝える

     工学院大学附属高等学校(中野町)の生徒によるグループが2月22日、市立川口小学校(川口町)の体育館で、地域の児童と保護者らに防災パフォーマンスを披露した。グル...(続きを読む)

    3月5日号

  • 朗読でつながりを

    西寺方町在住フリーライター

    朗読でつながりを 社会

    来月、初沢町で初の催し

     皆で朗読を楽しむイベントが来月20日(祝)・21日(土)・22日(日)の3日間、八王子市の市民企画事業として初沢町の大光寺で開催される。「新たな地域コミュニテ...(続きを読む)

    2月27日号

  • 災害時 医院が避難所に

    災害時 医院が避難所に 社会

    長房町 自治会長「心強い」

     長房自治会(松葉浩充会長)の会員が2月20日、地域内にある渡辺医院(長房町)を訪れ1月に設置した災害対応型LPガスバルクを見学した。この災害バルクはエネルギー...(続きを読む)

    2月27日号

  • 松姫 檜原村で舞台に

    松姫 檜原村で舞台に 文化

    5月上演 「通った道」の縁

     戦国時代の尼で、八王子に織物の技術を伝えたとされる歴史上の人物「松姫」(1561─1616)をテーマにした舞台が5月、西多摩郡檜原村で上演される。歴...(続きを読む)

    2月20日号

  • つながり大切に30年

    八幡八雲神社青年会

    つながり大切に30年 社会

    会員数「日本一」との声も

     元横山町・八幡八雲神社の青年会が今年、結成30年を迎える。480人を超える会員数は日本一ともいわれ、八王子市内のまつりなどでは”賑やかし”の中心にいる。結成時...(続きを読む)

    2月20日号

  • 余剰パン フードバンクへ

    余剰パン フードバンクへ 社会

    市内工場 月2〜300パック

     関東一円にパンを提供している市内の大手工場がフードバンクへ余剰になったパンをゆずる取り組みを始めた。フードバンクとは企業などから寄贈された食品を、必要としてい...(続きを読む)

    2月13日号

  • 小中いじめ防止強化

    八王子市教育委員会

    小中いじめ防止強化 教育

    来年度から新たな取組み

     八王子市教育委員会がいじめ防止のための新たな取り組みを始めていく。市内の公立小中学校を対象に、いじめのきっかけになりがちなSNSの使い方を学ぶ授業を新設したり...(続きを読む)

    2月13日号

  • もっと自然の遊び場を

    もっと自然の遊び場を 教育

    主婦が活動 「子育て楽に」

     禁止事項を極力なくした、自然の中の遊び場「プレーパーク」を知ってもらおうと宇津貫緑地(七国)で「みはらしプレーパーク」を運営する団体が8日(土)、みなみ野でイ...(続きを読む)

    2月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク