八王子版 掲載号:2021年12月23日号 エリアトップへ

大善寺田中さん 「無駄は大切」 著作で解説

文化

掲載号:2021年12月23日号

  • LINE
  • hatena
手掛けた「無駄の物語」を持つ田中さん。後ろのポスターは田中さんが理事長を務める一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構によるもの
手掛けた「無駄の物語」を持つ田中さん。後ろのポスターは田中さんが理事長を務める一般社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構によるもの

根底に思いやり

 大谷町にある大善寺で「未来墓」という新しい形の墓地を展開している田中潤さんがこのほど、「無駄の物語」(歴史探訪社)を刊行した。

 田中さんは合理的に物事を進めることが良しとされる昨今の社会の中で、あえて「無駄の大切さ」を訴える。「合理的に考えるのは市場原理主義で『必ず得をしなければ』となる。何か理屈がないと動かなくなる」と、その負の側面を指摘。その上で、「人間関係を円滑にするためには無駄が大切。相手に対し無駄なこと、つまり自分の利益とならないことをしようとする思考の根底には、相手への思いやりがある」と説明する。この小さな営みを一人一人が重ねていくことで、「誰もが幸せと感じる社会」が実現すると考えている。本の中ではあいさつ、大学、俳句、居酒屋、相続など身近なテーマの中で様々な「無駄論」を述べている。「ぜひこのような考えを広めたい」と話す。

「解放される」

 なお田中さん自身このような無駄についての考えを持つようになったことで「解放された感じがある。楽になれました」と話した。

 定価1100円(税込)。全国の書店、Amazonなどで取り扱い。問い合わせは同社【電話】0467・55・8270へ。

 田中さんは横浜市で税理士事務所を経営。一般社団法人の理事長として被災地の復興にも取り組む。

八王子版のローカルニュース最新6

「念のため119番」で男性救護

「念のため119番」で男性救護 社会

消防署 従業員4人に感謝状

5月19日号

今季振り返り、感謝伝え

バスケB3ビートレインズ

今季振り返り、感謝伝え スポーツ

スポンサー企業を訪問

5月19日号

5月は自転車月間

5月は自転車月間 社会

八王子駅南口でイベント

5月19日号

日替わりでパン登場

日替わりでパン登場 文化

5月26日から31日まで

5月19日号

テイクアウトに新風

けいの家

テイクアウトに新風 社会

変容する顧客ニーズへの挑戦

5月19日号

多文化集い河原で催し

多文化集い河原で催し 文化

29日、浅川

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook