多摩版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

桜ヶ丘記念病院 認知症ケアの拠点機関に 都から指定 地域の医療体制の充実図る

社会

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena
指定を受けた桜ヶ丘記念病院
指定を受けた桜ヶ丘記念病院

 社会福祉法人桜ヶ丘社会事業協会「桜ヶ丘記念病院」(連光寺1の1の1、岩下覚院長)はこのほど、東京都から『地域連携型認知症疾患医療センター』に指定された。多摩市内では初。今後、認知症の鑑別診断を行い、医療・介護・生活支援などの必要な支援に結び付け、行政とともに地域の医療・介護関係機関とのネットワークを推進していく。

各地域で生活支援

 認知症疾患医療センターとは、認知症の人が状態に応じて適切な医療・介護・生活支援などを受けられる体制を各区市町村で構築するために、都が作った制度。これまでは、都内12の医療機関を「地域拠点型認知症疾患医療センター」に指定し、認知症対策を行ってきた(南多摩地域の地域拠点型は八王子市の平川病院)。今回新たに、専門医療相談、地域連携の推進機関、人材育成機関の役割を担う「地域連携型」の認知症疾患医療センターとして29の医療機関を指定することによって、各区市町村の医療体制の充実を図ることがねらい。

今まで以上に地域と連携を

 今回、指定を受けた桜ヶ丘記念病院は、精神障害者の救済と福祉活動の実践のために計画した精神科・神経科の専門病院として1940年に設立。現在は「精神科」「神経科」の他に「内科」「歯科」を併設。シルバー専門外来(認知症専門外来)を設ける他、認知症治療病棟(50床)を有し、在宅や施設対応が困難な人たちの精神的な治療を行っている。加えて、認知症による入院患者の家族、通院中の患者家族向けに、認知症についての勉強などを座談会形式で行う「家族教室」も開くなど、患者本人だけでなく、家族へのケアにも注力しているという。

 同院では「高齢化と共に年々認知症患者が増え、受診・相談も増えてきている。これまで以上に多摩市医師会や他の医療機関、地域包括支援センター、行政と連携して、認知症への取り組みを推進していきたい」と話し、重ねて「専従の相談員以外にも精神保健福祉士もおり、いろいろな相談に対応できる体制を整えているのでぜひ相談を」と話している。問合わせは同院・認知症疾患医療センター【電話】042・313・7350へ。

多摩版のローカルニュース最新6

絵本×クラシック

クラップクラップカーニバル

絵本×クラシック

9月1日 パルテノン多摩

8月22日号

3市合同で販売会

3市合同で販売会 社会

障害者福祉施設等が一堂に

8月22日号

体験通じて交通安全意識を

体験通じて交通安全意識を 社会

多摩中央警察署 交通課長・中田薫さん

8月22日号

21人がキャンプ場で訓練

21人がキャンプ場で訓練 社会

多摩市消防少年団

8月22日号

高校生説明会に約2千人

高校生説明会に約2千人 教育

中学校PTA連合会が企画

8月22日号

子ども映画祭盛況

子ども映画祭盛況 文化

ラスカルとのふれあいも

8月22日号

多摩をひとつにするイベントに

多摩をひとつにするイベントに 経済

小山商店 代表取締役・小山喜明さん

8月22日号

あっとほーむデスク

  • 8月22日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 7月25日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

チェロとピアノで音楽の旅を

チェロとピアノで音楽の旅を

ヴィータ・マンスリーコンサート

8月23日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク