多摩版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

帝京大野球部青柳さん 「タイトル取れる投手に」 ドラフト会議 阪神から5位指名

スポーツ

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena
活躍を誓う青柳さん(右)と握手する唐澤監督
活躍を誓う青柳さん(右)と握手する唐澤監督

 10月22日に行われたプロ野球のドラフト会議(プロ野球新人選手選択会議)で、帝京大学(大塚)硬式野球部の青柳晃洋(あおやぎこうよう)さん(4年・投手)が阪神タイガースから5位指名を受けた。サイドスロー(横手投げ)と、アンダースロー(下手投げ)の中間程度の位置から放たれる最速144キロのストレートと、大きく曲がるスライダーなどが評価された。

 同部唐澤良一監督は「彼の投げ方は独特でプロでもいないタイプ。それで常時140キロを投げることができるのは強み。負けず嫌いな性格も生きるはず」と話す。

 青柳さんが野球に出会ったのは小学4年生の時。友だちに誘われ、母親の影響で行っていたエレクトーンをやめて始めた。「みんなよりも遅いスタートだったので、技術がなく、全然打てなかった。だから、投げるしかなかったんです」と投手に。ただ、投げ方が悪く、当時のコーチから肩の故障を避けるために横手投げを薦められた。これが今の投球フォームの原点になった。

 中学時代は常に3番手のピッチャー。それでも持ち前の負けず嫌いな性格で常に「自分の前」にいる選手を目標に鍛錬を重ね、高校時代にはエースピッチャーに。大学に入ってからは入学時身長181センチ65キロだった身体を筋力トレーニングなどで80キロに進化させ、プロから「お呼びのかかる」選手へと成長を果たした。

 「何らかのタイトルを取れる選手になりたい」と青柳さん。既に心はタイガースの本拠地甲子園へと向かっている。

多摩版のローカルニュース最新6

市内児童に感謝状

市内児童に感謝状 社会

高齢者を助ける

9月9日号

たましん美術館招待券プレゼント

児童虐待防止に「提言」書籍

超党派の若手議員

児童虐待防止に「提言」書籍 社会

9月9日号

「あの大きな施設は何――?」

「あの大きな施設は何――?」 社会

多摩NT通りから 「薬草」で話題

9月9日号

がんばる女性を応援

がんばる女性を応援 社会

大久保 聡子さん

9月9日号

「補助犬」育成資金 募る

「補助犬」育成資金 募る 社会

クラファン 9月29日まで

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月9日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook