多摩版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

マンカラで世界の文化知る パルテノン多摩「キッズファクトリー」

文化

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena
マンカラで遊ぶ児童たち
マンカラで遊ぶ児童たち

 パルテノン多摩の子どもと親子の体験教室「キッズファクトリー」で12月5日、世界中で親しまれているボードゲーム「マンカラ」を使った交流プロジェクトが開かれた。

 キッズファクトリーでは、地域や身の回りのこと等を体験やモノづくりを通して学んでもらおうと、地域の人たちを講師に招き様々な取り組みを行っている。

 今回、講師を務めたのは「桜美林・草の根国際理解教育プロジェクト」のスタッフ。同大のこのプロジェクトは、1997年から「ヒト(各国の留学生)」「モノ(世界各地から収集した実物資料)」「チエ・ワザ(ヒトやモノの教育活動において活用するアイデア・ノウハウ)」を使って、地域における教育活動を支援する活動を行っており、今回はアフリカや中近東、東南アジアで親しまれているボードゲーム「マンカラ」を使って、世界の文化を知ってもらおうと企画された。

 この日、参加したのは小学3年生〜6年生の児童10人とその保護者。同プロジェクトリーダーの岩本貴永氏がフィリピンやガーナなどで使われている実物のマンカラや各地の遊び方を紹介。その後、児童たちは実際にボードを使って遊び、ヨーグルトの空き容器を使ってオリジナルのマンカラを制作して楽しんだ。

 参加した児童は「世界にマンカラがあるのを知らなかった」「こんなに頭を使うゲームだと思わなかったけど楽しかった」と感想を述べた。キッズファクトリーの武藤洋子さんは「言葉が通じなくても一つのゲームを通じてコミュニケーションが取れることを体験してもらえたのでは」と振り返っていた。

講師を務めた桜美林大学の岩本氏
講師を務めた桜美林大学の岩本氏

多摩版のローカルニュース最新6

「多摩の文化を楽しんで」

「多摩の文化を楽しんで」 文化

「市民文化祭」市内3会場で

10月22日号

駅前放置自転車の解消へ

駅前放置自転車の解消へ 社会

 22日から31日まで クリーンキャンペーン

10月22日号

開館90年を記念して

開館90年を記念して 文化

旧多摩聖蹟記念館で特別展

10月22日号

計700Km 時間内に完走

自転車競技「ブルベ」 2大会に参加

計700Km 時間内に完走 スポーツ

南野在住 小坂智弘さん

10月22日号

マンションの近未来を考える

マンションの近未来を考える 社会

ベルブホールでセミナー

10月22日号

いつでもどこでも音楽を

いつでもどこでも音楽を 文化

「せいせき音フェス」今年はオンラインで

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映像から学ぶNT(ニュータウン)開発

映像から学ぶNT(ニュータウン)開発

郷土史講座 関戸公民館で

11月4日~11月18日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク