多摩版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

市内でもインフル流行 保健所「予防徹底を」

社会

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

 全国的にインフルエンザ患者が流行している。多摩市を所管とする南多摩保健所(日野市、稲城市含む)では、定点医療機関からの患者報告数が第2週(1月11日〜17日)に流行開始の目安となる、定点あたり1・0を超える2・71人となり、前週(第1週:1月4日〜10日)の0・93人から1週間で3倍近くに増加した。

 インフルエンザは例年、12月から流行することが多く、昨年は同保健所管内では第47週(11月中旬)で流行期に。「昨年は流行期に入るのが早かった。今年は暖冬の影響かどうかわからないが全国的に流行期が遅い」と同保健所では話している。

 都内で1月以降に流行し始めたのは11‐12年シーズン以来。このシーズンに定点あたり1・0を下回り、症状の収束がみられたのは4月末から5月初めにかけてだったことから今シーズンも4月過ぎまで流行が長期化する恐れがあるという。

「適度な湿度を」

 南多摩保健所は「手洗い、咳エチケットなど、予防策を徹底してほしい。乾燥した時期に罹患しやすいので、適度に湿度を保ち、こまめに換気を行うことも大切。まだ予防接種を受けていない方は、まだ受付けている病院もあるので受けてほしい」と呼びかけている。

多摩版のローカルニュース最新6

市がコールセンター開設

市がコールセンター開設 社会

コロナ関連で専用ダイヤル

5月28日号

市内「通いの場MAP」完成

市内「通いの場MAP」完成 社会

市社協が製作 サロンを紹介

5月28日号

「I CAN」のバラ咲く

「I CAN」のバラ咲く 社会

 GLC(グリーンライブセンター)で核廃絶の思い重ね

5月28日号

フェイスシールドを寄贈

フェイスシールドを寄贈 社会

多摩JC、多摩RCが市らに

5月28日号

リモートで合唱に挑戦

リモートで合唱に挑戦 文化

「ファミリーシンガーズ」動画を公開

5月28日号

持続化給付金 多摩に申請サポート会場

【Web限定記事】

持続化給付金 多摩に申請サポート会場 経済

予約制で申請を補助

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク