多摩版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

日本文化で交流 南鶴牧小に豪の中学生来校

教育

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena
児童が習字を教えた
児童が習字を教えた

 市立南鶴牧小学校(吉田正行校長)に7月5日、オーストラリアの中学生が来校し、5年生96人と習字等を通じた交流を行った。

 この日、同校を訪れたのはオーストラリアのスコッツカレッジの生徒20人。オーストラリアでサッカーのツアー等を企画・運営する会社「エイトフットボールマネジメント」による日本ツアーで来日。同校のグラウンドで活動を行っている鶴牧サッカークラブと親交があったことから、学校に交流を打診したところ、快諾。児童たちとの文化交流が決まった。

「気持ちあれば通じる」

 当日、バスで到着したオーストラリアの生徒たちは同校の児童に歌で歓迎された後、4グループに分かれて習字、けん玉・コマ、折り紙、フルーツバスケット等、日本の文化を体験。その後、ドッジボールで同校児童と一緒に汗を流した。また学校との交流が終わった後には、鶴牧サッカークラブと親善試合を行うなどの交流を行った。

 今回、交流した同校児童たちは「みんなで楽しむことができた。言葉はあまり通じなかったけど、お手本を見せると伝わったので、気持ちがあれば通じることがわかった」「東京五輪の時には、英語で会話できるように頑張りたい」と感想を述べていた。吉田校長は「今回このような機会を持つことができて良かった。同世代の子どもたちと直に触れ合うことができ、今後の言語学習の向上につながれば」と話している。

多摩版のローカルニュース最新6

「100人斬り」に注目

永山出身橋本さん

「100人斬り」に注目 社会

ポートレート企画

12月2日号

多くの動物とも出会える

多くの動物とも出会える 社会

ファンも存在?

12月2日号

実は英会話教室の激戦区

実は英会話教室の激戦区 経済

書店も充実

12月2日号

イルミ幻想的に

イルミ幻想的に 社会

来年2月まで点灯

12月2日号

盛り上がり支える

盛り上がり支える 社会

地元商店会がひと役

12月2日号

魚、どう見極め

魚、どう見極め 社会

年末年始用 マグロ職人に聞く

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook