多摩版 掲載号:2016年8月4日号
  • LINE
  • hatena

多摩市でも小池氏トップ 都知事選 市内投票率は63・23%

政治

 東京都知事選挙の投開票が7月31日に行われ、元防衛相の無所属・小池百合子氏(64)が初当選を決めた。

 舛添要一前知事の辞職に伴い行われた今回の都知事選。小池氏の他に、元総務相で自民・公明・日本のこころを大切にする党推薦の無所属・増田寛也氏(64)、民進・共産・社民・生活の党などの推薦を得た無所属・鳥越俊太郎氏(76)ら21人が立候補した選挙となったが、291万票以上を集めた小池氏が他を大きく引き離して当選を決めた。

 得票数は、都全体で小池氏が291万票、増田氏は179万票、鳥越氏は134万票だった。多摩市でも、小池氏が3万2千票を集めトップ。続いて増田氏が2万票、鳥越氏が1万9千票だった。

 投票率は、都全体で前回の46・14%を大きく上回る59・73%。多摩市では、都全体を上回る63・23%(前回48・54%)。26市の中では、武蔵野市(64・56%)、国立市(63・93%)、国分寺市(63・66%)に次いで、4番目に高かった。市内の投票所では、南鶴牧小学童クラブが72・77%と最も高く、次いで豊ヶ丘小学校の69・91%。一方で、ワーストは和田中学校の54・38%、次いで多摩市役所の57・22%だった。

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域への思いを形に

地域への思いを形に

4回シリーズ「コミュニティ起業塾」

2月16日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク