多摩版 掲載号:2016年8月4日号
  • LINE
  • hatena

セブンイレブンと「見守り」協定 多摩市 市内で10団体目

社会

市内加盟店オーナーも締結式に出席
市内加盟店オーナーも締結式に出席
 多摩市は7月20日、(株)セブン・イレブン・ジャパンと「多摩市地域見守り活動」の協定を締結した。

 市では、地域で活動する民間事業者に、地域の一員として声掛け等を通じて住民の変化や困難を早期に発見し、その後の支援につなげていくことを目的に、見守り活動の協力を呼び掛けており、これまでに9団体と同協定を締結、同社で10団体目となる。

 今回、協定を締結した(株)セブン・イレブン・ジャパンは、市内に22店舗あり、店舗経営だけでなく、配食サービス等も手掛けている。今年3月には、一部店舗の従業員が多摩市の認知症サポーターの研修を受講しているという。

 締結式当日は、同社の田村清一執行役員と市内加盟店オーナー15人が出席。田村執行役員と阿部裕行多摩市長が協定書にサインを行った。阿部市長は「多摩市は急速に少子高齢化が進んでいる。日頃から地域に根差した事業を展開し、住民との接点が多い企業がこうして協定を結んでいただけることは大変心強い。見守り活動の促進にお力添えをお願いします」と挨拶した。

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「支え合いの場」つくりませんか

「支え合いの場」つくりませんか

「ふれあい・いきいきサロン」説明会

2月19日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク