多摩版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

「謙虚さと向上心で夢へ」 和田中で市内初の「JFA・夢の教室」

教育

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena
体育館で生徒とゲームを楽しむ佐伯さん
体育館で生徒とゲームを楽しむ佐伯さん

 「公益財団法人日本サッカー協会」が企画する「JFAこころのプロジェクト・夢の教室」が11月25日と28日の2日間、市立和田中学校で実施され、多摩市出身の元Jリーガー・佐伯直哉氏と元女子バスケットボール日本代表・岡里明美さんが夢先生として「夢を持つことの大切や目標に向かって努力することの大切さ」を生徒たちに語った。

 同校は、今年創立40周年を迎え、オリンピックやパラリンピック等で活躍したトップアスリートを招き、生徒たちが直に交流することで、夢や希望を持ち、目標に向けて努力する姿勢を学んでもらおうと今年9月から様々な企画を実施。今回は、記念事業として「JFAこころのプロジェクト・夢の教室」を市内で初めて行うことになった。

 25日に同校を訪れた佐伯さんは、多摩市出身で同校の卒業生。読売日本SC(現東京ヴェルディ)のユース時代に17歳以下の日本代表に選ばれ、国士舘大学を経て、ジュビロ磐田に加入。2012年に東京ヴェルディで引退した。また、多摩市出身で元女子サッカー日本代表の小林弥生さんもアシスタントとして同校を訪れた。

「夢を深く考えたい」

 25日は、小林さんの進行のもと、生徒たちは佐伯さんと一緒にグループでひとつの目標を達成するゲームを体験。その後、教室に移動して佐伯さんによる「夢トーク」が行われた。自身の幼い頃の「夢」がプロサッカー選手になることで、その目標に向かって一生懸命練習したことなどを話しながら、途中で挫折を経験しながらもプロ選手になれたことを語り「その時その時に一喜一憂せず、向上心と謙虚な気持ちを忘れず、夢に向かって頑張ってほしい」と生徒たちに呼びかけた。今回の訪問について佐伯さんは「母校でできたことは大きな経験になった。僕の話がみんなの夢につながってくれたら」と話していた。

 佐伯さんの話を聞いた女子生徒は「いつも夢に向かって真剣に考えたことはなかった。夢に向かって深く考えることができた」と話していた。

自身の経験を語る佐伯さん
自身の経験を語る佐伯さん

多摩版のローカルニュース最新6

「地域をつなぐ未来へつなぐ」

東京多摩RC

「地域をつなぐ未来へつなぐ」 社会

7月9日号

多摩消防署 新庁舎が完成

多摩消防署 新庁舎が完成 社会

7月7日から業務を開始

7月9日号

お披露目ライブ盛況

お披露目ライブ盛況 社会

ハーモニーカフェ2階が完成

7月9日号

ニュースポーツを体験

ニュースポーツを体験 スポーツ

今年度初 7月にも2回

7月9日号

食事で支援 定食提供に

食事で支援 定食提供に 経済

かまどか多摩センター駅前店

7月9日号

カルガモの親子の姿に癒されて

カルガモの親子の姿に癒されて 社会

今年も無事に巣立つ

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

これからの男女平等考える

これからの男女平等考える

女性センターでワークショップ

7月21日~7月22日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク