多摩版 掲載号:2018年5月10日号
  • LINE
  • hatena

お散歩カーを寄贈 トヨタ西東京カローラ

社会

(左から)阿部市長、やまと保育園の中山園長、バオバブ保育園の山根園長、舟橋代表取締役
(左から)阿部市長、やまと保育園の中山園長、バオバブ保育園の山根園長、舟橋代表取締役
 関戸に本社を構えるトヨタ西東京カローラ(株)(舟橋竹彦代表取締役社長)は4月20日、多摩市役所を訪れ、保育園などで利用する「お散歩カー」2台を寄贈した。

 同社では地域貢献活動の一環として、10年程前から店舗を構える自治体へ車いす等の寄付を行っており、これまでに約600台を寄贈しているという。

 昨年創業50周年を迎え、「将来の地域を担う子どもたちの支援」をコンセプトに掲げ、昨年も多摩市に保育園などで園児たちが散歩する時に利用する「お散歩カー」2台を寄贈。今年も、同社の企業カラーであるオレンジ色の装飾に、オリジナルのイメージキャラクター「カローニャ」が描かれているものを、多摩市の仲介で「やまと保育園」(和田・社会福祉法人大和会)、バオバブ保育園(一ノ宮・社会福祉法人バオバブ保育の会)に寄贈した。

 やまと保育園の中山剛園長は「素敵なプレゼントで、ぜひお散歩や緊急時の避難に活用させてもらいたい」と話し、バオバブ保育園の山根孝子園長は「0歳児も散歩に連れて行っているので、活用させてもらいたい」と感謝の言葉を述べた。舟橋代表取締役社長は「ぜひ普段のお散歩の時などに役立てていただければ」と話していた。

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「支え合いの場」つくりませんか

「支え合いの場」つくりませんか

「ふれあい・いきいきサロン」説明会

2月19日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク