多摩版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

児童合唱団「多摩ファミリーシンガーズ」を主宰する 高山 佳子さん 桜ヶ丘在住 

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena

童謡唱歌を次世代に

 ○…6月16日に関戸公民館ヴィータホールで恒例の演奏会を開催した。部活や学習塾など子どもたちの放課後の生活が多様化する中で、合唱団で練習に励む22人の歌声が聴衆を魅了した。「子どもには何でもできる力がある。そのパワー、エネルギー、夢や希望を皆さんに感じてもらえたのでは」と頬を緩ませる。

 〇…音大在学中から「うたのお姉さん」としてNHKに出演する他、日本テレビ「テレビのおばちゃま」など数々の番組に出演。地元の子どもたちに本物の舞台を観てもらおうと41年前に「多摩ファミリー劇場」とともに合唱団を立ち上げた。子どもは歌で、親は裏方で参加してもらう。まさに家族で参加する合唱団をみんなで築き上げてきた。「礼儀や大人を敬う心をまず学んでもらいたい。歌は下手でもいい。素敵な人になってほしいですね」と笑顔で語る。

 〇…合唱団では、これまで雲仙普賢岳慰問コンサート、日中国交回復10周年記念行事など国内外で活動を行ってきた。「幼い時期に大勢のお客様から拍手をもらうのは誇らしいこと」。ただし簡単に得られるものではない。時に厳しい練習を懸命に乗り越えた先に得られるものだ。その成功体験が今の教育に必要だと持論を説く。卒団生でプロになったり、アシスタントとして手伝いに来てくれる子どもたちも多いという。「それが一番嬉しい。私を乗り越えていってほしい」と目尻を下げる。

 〇…舞台プロデュースや作曲、童謡教室の講師、北原白秋の業績を伝える活動など多忙な日々を送る。「好きなことをやらせてもらっている。大きくなったガキ大将です」とほほ笑む。日本の文化である童謡・唱歌。その美しいしらべを次世代に伝えていく。それを目標にこれからも指導者、伝道者として歩み続ける。

多摩版の人物風土記最新6

矢島 聖蘭さん

昨年度末に行われた競技カルタの全国大会・中学生の部で日本一となった

矢島 聖蘭さん

和田中学校3年

4月29日号

安藤 正紀さん(ペンネーム:安藤公章)

一般企業を定年退職後、小説家に転身した

安藤 正紀さん(ペンネーム:安藤公章)

聖ヶ丘在住 74歳

4月15日号

福田 将宏さん

地域の盛り上げ役となるべく立ちあがった「移動商店街」の代表を務める

福田 将宏さん

豊ヶ丘在住 35歳

4月1日号

山川 勇一郎さん

農業と太陽光発電事業を両立する「ソーラーシェアリング」に挑む

山川 勇一郎さん

桜ヶ丘在住 45歳

3月18日号

堀内 文翔さん

「集客アプリ」を開発。市内飲食店に広める

堀内 文翔さん

鶴牧在住 14歳

3月4日号

黒澤 菜穂子さん

昨年末、多摩市選挙管理委員会の委員長に再任した

黒澤 菜穂子さん

桜が丘在住 64歳

2月18日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter