多摩版 掲載号:2018年7月5日号 エリアトップへ

鶴牧西公園で田植え体験 市と愛耕会が協力 大松台小児童が参加

教育

掲載号:2018年7月5日号

  • LINE
  • hatena
公園の水田に稲を植えていく子どもたち
公園の水田に稲を植えていく子どもたち

 鶴牧西公園で6月22日、「鶴牧西公園水田愛耕会」(篠崎一雄会長)の協力のもと、市立大松台小学校の5年生96人が田植えの体験を行った。

 長年手付かずの状態だったという同公園の水田。4年前に、中組自治会や同自治会老人会の有志で同会を発足し、市と協定を結んで、水田を復活させた。昨年から、大松台小学校の児童も総合学習の時間を使って田植えや、かかしづくりなどにも参加しているという。

 この日も同会と同自治会・老人会、同校児童らが参加して、延べ280平方メートルの3つの水田にもち米の稲を植えていった。田植えを体験した児童は「昔の人はこうやって稲を植えていたと思うとすごいと思った」「秋に綺麗な金色の稲ができるのが楽しみ」といった感想を述べていた。同会の篠崎会長は「子どもたちに米がどういう過程を経て食べられるか体験して知ってもらうことで、大事に食べようと思ってもらえたら」と笑顔で話した。

 今後は、学校や市と協議しながら、かかしづくりや児童館での餅つき大会なども検討していきたいという。

多摩版のローカルニュース最新6

市内児童に感謝状

市内児童に感謝状 社会

高齢者を助ける

9月9日号

たましん美術館招待券プレゼント

児童虐待防止に「提言」書籍

超党派の若手議員

児童虐待防止に「提言」書籍 社会

9月9日号

「あの大きな施設は何――?」

「あの大きな施設は何――?」 社会

多摩NT通りから 「薬草」で話題

9月9日号

がんばる女性を応援

がんばる女性を応援 社会

大久保 聡子さん

9月9日号

「補助犬」育成資金 募る

「補助犬」育成資金 募る 社会

クラファン 9月29日まで

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月9日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook