多摩版 掲載号:2018年7月5日号
  • LINE
  • はてぶ

多摩市 「ふるさと納税」影響 減収に 市長「制度改善へ声を」

社会

 2008年から始まった「ふるさと納税」。多摩市でも15年11月から、市への訪問につながる様々な返礼品を用意している。大幅な歳入増加につながる自治体がある一方で、その返礼品が”競争化”され、財政運営に影響を受けている自治体もある。多摩市も影響を受けている自治体の一つで、今年度の寄附金控除額が2億円を超える見込みで減収が予想されるという。

 「ふるさと納税」は、ふるさとや、応援したい自治体に寄附ができる納税制度。手続きを行うことで、所得税や住民税の還付・控除を受けることができる。さらにその寄附に対し、多くの自治体が特産品などを返礼品として用意しており、近年注目を集めている。

 多摩市でも「ふるさとTAMA応援寄附金」として寄附を受け付けており、2015年11月からは市外在住者からの寄附に対する返礼品を用意。返礼品は、特産品ではなく「サンリオピューロランド」「日本アニメーション」など市内企業の協力を得て、すべて市を直接訪問してもらうものだ。市の魅力をPRし、市外からの来街促進、交流人口の増加につなげることで、シティセールスの向上をねらいとして制度を活用している。それが奏功し、多摩市への寄附は15年が約1061万円、16年が約1238万円、17年が約1221万円と件数・額ともに年々増加傾向にある。

 一方で、多摩市民の他自治体への寄附も年々増えており、昨年の「ふるさと納税寄附金控除額」は約1億4580万円で今年は2億円を超える見込み。多摩市は地方交付税不交付団体のため、国からその減収分の補填が受けられず、そのまま減収となる。こうした状況に対し、阿部裕行多摩市長は「今後も減収が続くようであれば、市長として他市とも連携して国に税制度の改善を求める声をあげることも検討していきたい」と危惧する。

新たな返礼品を用意

 そうした中、市はこのほど、新たな返礼品として京王プラザホテル多摩とサンリオピューロランドの「スペシャルコラボプラン」を用意。その内容は、パスポート(大人・小人共通)3枚、ハローキティとパレードカーで記念撮影、ミラクルギフトパレードVIP席3席、「ハローキティルーム」宿泊券(夕・朝食付き)など。プラン実施日は11月30日(金)、1組(最大3人)限定。寄附金額100万円以上が対象となる(申込は8月31日(金)まで)。

 阿部市長は「高額にはなるが、この機会を逃すと受けられない多摩市の魅力がつまった内容。多摩を訪れてもらう機会にもなる。しっかりアピールしていきたい」と話している。詳細は市企画課【電話】042・338・6813へ。

多摩版のトップニュース最新6件

医療費の所得制限を撤廃

多摩市全小・中学生

医療費の所得制限を撤廃

10月4日号

「地域交流」の場を再興

ほほえみネット愛宕

「地域交流」の場を再興

10月4日号

鎮座400年を祝って

落合白山神社

鎮座400年を祝って

9月20日号

地域コミュニティ「再生」を

三方の森ふれんど

地域コミュニティ「再生」を

9月20日号

児童が議会を「模擬体験」

公共施設の設計費計上

市9月補正予算案

公共施設の設計費計上

9月6日号

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク