多摩版 掲載号:2018年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

ニコニコクラブ 団体で市内初の国体出場 壮行会で激励

スポーツ

国体出場予定のクラブメンバー
国体出場予定のクラブメンバー
 市内の乞田地区を中心に活動を行っているゲートボールクラブ「東京ニコニコクラブ」(伊藤久義代表)。9月に福井県で開催される国民体育大会に出場するに先立ち、7月21日に市立総合体育館で壮行会が盛大に開かれ、訪れた数多くの来賓や地域住民から激励を受けた。阿部知尋主将は「まずは予選を突破し決勝トーナメントに進みたい」と意気込みを語った。

 同クラブは、1990年に、市立多摩第三小学校の在校生、父母、祖父母によって設立された。競技部、レクリエーション部があり、「楽しく」がモットー。20代から60代の幅広い年齢層の約30人が所属する。運営費は、チームみんなで新聞紙等の廃品回収を行って調達するなど、地域に根差した活動を行っている。

 これまでに各大会で何度も全国大会に出場。94年に全国世代交流大会で準優勝、96年には同大会で優勝。04年には全日本選手権で3位になるなど、都内だけでなく全国でも屈指の強豪クラブだ。

 昨年6月に行われた東京都予選で優勝し、7月の南関東大会でも優勝。その結果、今年9月に行われる「福井しあわせ元気国体」に東京都・南関東代表として出場することが決まった。多摩市から団体競技で国体に出場するのは同クラブが初だ。阿部主将は「昨年はチーム全員の調子が良く、勢いに乗っていた。以前一緒にやっていたメンバーが戻ってきてチーム内に競争が生まれ、切磋琢磨することで技術が向上し、チームも成長できた」と振り返る。

 国体には、全国各地域大会を勝ち抜いてきた10チームが出場する。阿部主将は「まずは予選を突破して決勝トーナメントに進みたい。期待してもらっている皆さんのためにも、チームカラーである『楽しく』試合ができたら」と意気込みを語る。

「優勝して多摩に」

 多摩市から初の国体出場チームを激励しようと、多摩市ゲートボール連盟が中心となって壮行会実行委員会を結成。議員や多摩市体育協会関係者、地元住民らが参加して、盛大に壮行会が行われた。

 同連盟の岡等会長は「ここ数年、都で好成績を収めている。国体でその経験、技能を発揮してほしい。良い成績を期待している」と挨拶。公務のため出席できなかった阿部裕行多摩市長の激励メッセージが読み上げられた他、出席した議員がそれぞれエールを送った。

 その後、国体出場予定の6選手が紹介され、挨拶。乾杯を行った後、出席者が選手やチームのメンバーを激励した。同クラブの伊藤代表は「創設以来、いつか国体に出たいと思っていたので本当に嬉しい。優勝が狙えるメンバーが揃っているので、優勝して多摩に帰ってきてほしい」と選手たちへ期待を寄せている。

多摩版のトップニュース最新6件

第2弾「ラスカル」配布へ

マンホールカード

第2弾「ラスカル」配布へ

8月2日号

「子育てアプリ」配信開始

多摩市

「子育てアプリ」配信開始

7月19日号

防犯功労で警視総監賞

東寺方在住広田幸江さん

防犯功労で警視総監賞

7月19日号

「自動通話録音機」を貸出

多摩市&中央警察

「自動通話録音機」を貸出

7月5日号

「ふるさと納税」影響 減収に

ミニトマトを市特産物に

市内の農家有志

ミニトマトを市特産物に

6月21日号

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月2日号

お問い合わせ

外部リンク