多摩版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

「事故起きる前に学んで」 自転車講習会で呼びかけ

教育

走行指導を受ける子ども達
走行指導を受ける子ども達

 一般社団法人LCS(生活文化スポーツ推進事業協会)が主催する「自転車安全運転講習会」が11月17日、大松台小学校で開催された。

 子どもたちを事故から守ることを目的に、市内の小中学生だけでなく、その保護者やスポーツ等の指導者を対象に、毎年行われている同講習会。今年も関戸に本社があるトヨタ西東京カローラの全面協力によって行われ、子どもから大人まで延べ120人が参加した。

 当日は、多摩中央警察署の協力で、校庭に信号機やスラロームなどを置いて走行指導が行われた他、体育館では交通安全についてのDVD講習や講話、ドライブシミュレーターを使った危険予測などが行われた。

 主催した同団体の小泉良司代表理事は「今年で12回目の開催となり、参加された方には感謝申し上げます。各方面に協力、後援をいただいたが思うように参加が結びつかなかった。事故が起きてからでは遅いので、ぜひこういう機会に学んでほしい」と話していた。

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

宮崎滋氏の世界を

宮崎滋氏の世界を

ヴィータ・マンスリーコンサート

4月26日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク