多摩版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

「4年目で一番の賑わい」 「どけんまつり」

社会

ミニ上棟式でお菓子まきが行われた
ミニ上棟式でお菓子まきが行われた

 東京土建一般労働組合 多摩・稲城支部は11月11日、パルテノン多摩大階段下で「どけんまつり」を開催し、多くの来場者で会場は賑わった。

 当日は、同組合の職人が会場にミニチュアの木造住宅を建築。その住宅のミニ上棟式を行い、上階から子どもたちに向けてお菓子まきが行われた。包丁研ぎ・まな板削り、焼いたさんまなども振舞われ、大盛況だった。

 同支部の櫻井潤執行委員長は「予想以上にお子さん、家族連れに来ていただき、4年目の今年は一番盛り上がった。職人の技を間近で見てもらい、地域の方々に楽しんでもらえた。お住まいのことで何か疑問や問題があればぜひ相談いただければ」と話していた。

好評だった包丁研ぎ
好評だった包丁研ぎ

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

宮崎滋氏の世界を

宮崎滋氏の世界を

ヴィータ・マンスリーコンサート

4月26日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク