多摩版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

瓜生小 校庭に巨大な木造住宅 空間ワークショップで建築に挑戦

教育

角材と輪ゴムで建てていった
角材と輪ゴムで建てていった
 市立瓜生小学校(吉田正行校長)で11月10日、5・6年生の図工の時間に空間ワークショップの授業が行われ、校庭に建てられた様々な木造住宅が披露された。

 6年前から日本建築家協会に所属する建築家の協力のもと、同授業を行っている同校。当日は、5・6年生が12班に分かれて作業を開始。事前に授業の中で製作した割りばしの模型をもとに、長短2種類の角材と輪ゴムを使って実際に家を建てていった。途中、耐久性の問題から一部設計を変更したり、重みで崩れてしまったりと試行錯誤しながらも、最大で6m近い高さの家が完成した。

 完成した家は、エッフェル塔や城、競技場、船などをモチーフにした小学生ならではの独創的なアイデアのものばかり。体験した児童からは「パーツを繋げるのが大変だった」「模型と同じでは面白くないと思ったので、急きょ3階建てにした」「みんなと協力してやると楽しかった」といった感想があがった。

 同協会の空間ワークショップ・フォーラム代表で実践女子大学教授の高田典夫氏は「考えることを実現する場所。できるだけフリーで行い、作業にどう友達を巻き込んでいくか、コミュニケーション力が身につく。瓜生小は、5・6年生で取り組む良いシステムができている。上の子が下の子を教え、それがまたさらに下の子へと続いていく。これをぜひ続けてもらいたい」と話していた。

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「多摩」「仙台」へ恩返し

参加者募集

「多摩」「仙台」へ恩返し

東京V・田村選手「チャリティーサッカー教室」

12月23日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク