多摩版 掲載号:2018年12月13日号 エリアトップへ

どんぐりパン 「効率、生産性向上に」 丸紅基金から機械購入費助成

社会

掲載号:2018年12月13日号

  • LINE
  • hatena
丸紅基金の江川事務局長(左)と篠崎理事長
丸紅基金の江川事務局長(左)と篠崎理事長

 NPO法人どんぐりパン(諏訪、篠崎裕子理事長)はこのほど、社会福祉法人丸紅基金の「社会福祉助成先」に選出された。12月7日には同法人事務所で贈呈式が行われ、同基金の江川淳一事務局長から篠崎理事長に贈呈書が手渡された。

 どんぐりパンは、すべての障害者や健常者が分け隔てなく、働き、安心して暮らしていける地域社会をつくることを目的に、2007年に設立。障害者の働く場、職業訓練の場として、諏訪団地名店街の一角でパン屋を営む他、市内で食堂・弁当の製造、カフェなどを運営している。

 社会福祉に関する民間助成団体である丸紅基金は、毎年、全国の福祉施設が必要とする設備、機器、車両、建屋や、各団体が行う調査・研究活動等の資金援助を行っている。今年は、全国526件の申請の中から、63件の施設・団体を助成先として選出。その中のひとつがどんぐりパンで、冷凍から発酵等に使える「製パン用ドゥコンディショナー」の購入費用が助成されることになった。

 篠崎理事長は「多くの申請があった中で選んでいただきありがたい。機械が入ることで効率よく、生産性をあげていき、工賃アップにもつなげていきたい」と話した。

多摩版のローカルニュース最新6

航空斜写真で見る多摩NT(ニュータウン)

航空斜写真で見る多摩NT(ニュータウン) 文化

丸善多摩センター店でコラボ展

8月6日号

先人の体験・思いと平和観を

先人の体験・思いと平和観を 社会

伝承活動を行う天野佳世子さん

8月6日号

次世代が伝えたいこと

次世代が伝えたいこと 社会

被爆地訪れた2人に聞く

8月6日号

「みんなで楽しみましょう」

市バスケ連盟

「みんなで楽しみましょう」 スポーツ

元日本代表招き 子ども向けクリニック

8月6日号

コロナ禍でも「地域のために」

コロナ禍でも「地域のために」 社会

受付続ける関戸の葬儀ホール

8月6日号

俳句・川柳を募集

永山公民館

俳句・川柳を募集 文化

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

豪華絢爛な縄文土器を

豪華絢爛な縄文土器を

関戸公民館で特別展示

8月8日~8月23日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク