多摩版 掲載号:2019年3月7日号 エリアトップへ

今シーズンからサッカーJ3・SC相模原に入団した 小田島 怜さん 豊ヶ丘在住 22歳

掲載号:2019年3月7日号

  • LINE
  • hatena

感謝の気持ちでプロへ

 ○…3月10日(日)に開幕するJ3リーグ。今季、桐蔭横浜大学からSC相模原に入団した。「声を掛けられたり、サインを求められたりする機会は増えているんですけど、まだ実感がわかなくて」と念願だったプロ選手になった感想を話す。センターバックとして相手攻撃陣を抑え、攻撃の起点になるクレバーなプレーでチームを支える。「今まで関わった方々への感謝の気持ちを忘れずに頑張りたい」と抱負を語る。

 ○…昨季J3で9位。チームは今季から元日本代表の稲本潤一選手ら実績ある選手が加入し、リーグ戦優勝を目指す。176cmとDFとしては決して大柄ではないものの、足元の技術と冷静な読みがプレーの特徴だ。「プロでも十分通用する部分はある。当たり負けしないように体を鍛えていきたい」と意気込みを語る。

 ○…サッカーを始めたのは幼稚園の頃。園庭で友達がやっていたのをみて自然と始めた。小学生時代に横浜のバディSC、中学校時代はスカウトされてヴェルディジュニアユースへ入団し、同ユースに昇格。高校3年生の時に、膝の前十字靭帯を断裂する大怪我で手術を受け、復帰までに8カ月かかった。トップチーム昇格は果たせなかったが、関東1部リーグに所属する同大学からスカウトされ、入学。3年生から試合に出始め、念願のプロへの道を切り開いた。

 ○…人見知りで負けず嫌いな性格。級友たちと地元で遊ぶことがリフレッシュになっているという。「心強いですよ」と体をケアしてくれる鍼灸師の父親への感謝の気持ちは強い。「ベテランの選手に負けないよう開幕スタメンを狙いたい。ゆくゆくはJ1で長く続けられる選手になりたいですね」と力強く目標を語る。最終的な目標は日本代表だ。神奈川の緑の背番号25に要注目を。

多摩版の人物風土記最新6

ライモイ・ヴィンセントさん

先月行われた関東インカレ(1部)のハーフマラソンで優勝した

ライモイ・ヴィンセントさん

国士舘大学4年

6月10日号

荒井 永理さん

生活に困窮するひとり親家庭に食品を配布する取り組みを進める

荒井 永理さん

聖ヶ丘在住 46歳

5月27日号

加藤 岳洋さん

オリジナルキャラクターを生み出し、地域の活性化につなげている

加藤 岳洋さん

諏訪在住 44歳

5月13日号

矢島 聖蘭さん

昨年度末に行われた競技カルタの全国大会・中学生の部で日本一となった

矢島 聖蘭さん

和田中学校3年

4月29日号

安藤 正紀さん(ペンネーム:安藤公章)

一般企業を定年退職後、小説家に転身した

安藤 正紀さん(ペンネーム:安藤公章)

聖ヶ丘在住 74歳

4月15日号

福田 将宏さん

地域の盛り上げ役となるべく立ちあがった「移動商店街」の代表を務める

福田 将宏さん

豊ヶ丘在住 35歳

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter