多摩版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

キッズドクターが奮闘 日医大多摩永山病院で職業体験

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
内視鏡でビー玉を取り分ける子どもたち
内視鏡でビー玉を取り分ける子どもたち

 南多摩地域の拠点病院として、その役割を担う「日本医科大学多摩永山病院」(中井章人院長)。同院で8月3日、小学5・6年生を対象とした「永山キッズ・ドクターセミナー」が開催され、23人の児童が医師や看護師の仕事を体験した。

 同院では、「人の命」を救う医師の仕事に触れ、医療への関心を高めてもらうと同時に、将来医師を目指してもらうきっかけづくりにと、民間企業と連携して「ブラック・ジャックセミナー」と題する職業体験を企画実施。今年は、同院が独自に企画し、各科・部の協力の下で行った。

参加者「難しかった」

 当日は「心肺蘇生」「エコー」「内視鏡外科」「手指衛生」の4ブースを設け、子どもたちはグループに分かれて各ブースを巡回。「心肺蘇生」では人形を使った心臓マッサージやAEDを体験し、「エコー体験」では体に超音波を当てて画像を確認した。また「内視鏡外科」では、内視鏡を使ってビー玉の取り分けやシミュレーターで手術を体験し、「手指衛生」ではチェッカーを使った手洗い体験を行った。参加した子どもたちは「心臓マッサージが思ったよりも難しかった」「内視鏡は遠近感を掴むのが大変だった」などと感想を話していた。

 同院の消化器外科・乳腺外科・一般外科の牧野浩司部長は「今年は、ドクターだけでなく専門技師や看護師など様々な職種の体験をしてもらった。病院にはいろいろな仕事があることを知ってもらえたのでは。これから病院は建替えを迎える。病院の存在を広く知ってもらえるように取り組んでいきたい」と話していた。

心臓マッサージも体験
心臓マッサージも体験

多摩版のローカルニュース最新6

航空斜写真で見る多摩NT(ニュータウン)

航空斜写真で見る多摩NT(ニュータウン) 文化

丸善多摩センター店でコラボ展

8月6日号

先人の体験・思いと平和観を

先人の体験・思いと平和観を 社会

伝承活動を行う天野佳世子さん

8月6日号

次世代が伝えたいこと

次世代が伝えたいこと 社会

被爆地訪れた2人に聞く

8月6日号

「みんなで楽しみましょう」

市バスケ連盟

「みんなで楽しみましょう」 スポーツ

元日本代表招き 子ども向けクリニック

8月6日号

コロナ禍でも「地域のために」

コロナ禍でも「地域のために」 社会

受付続ける関戸の葬儀ホール

8月6日号

俳句・川柳を募集

永山公民館

俳句・川柳を募集 文化

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

豪華絢爛な縄文土器を

豪華絢爛な縄文土器を

関戸公民館で特別展示

8月8日~8月23日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク