多摩版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

多摩市 五輪キャンプ地に アイスランドと覚書締結

スポーツ

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
左から阿部市長、リネイ事務総長、大澤理事長、エーリン大使
左から阿部市長、リネイ事務総長、大澤理事長、エーリン大使

 開幕までいよいよ1年をきった東京2020オリンピック競技大会。多摩市が同大会に出場するアイスランド共和国選手団の事前キャンプ地になることが決まり、8月23日に港区の駐日アイスランド大使館でアイスランド国立オリンピック・スポーツ協会(ÍSÍ)と練習拠点となる国士舘大学との間で事前キャンプにかかる覚書を締結した。阿部裕行多摩市長は「スポーツのみならず、様々な分野での交流も深めていきたい」と同国のホストタウンを目指し、今後に期待も寄せる。

 アイスランド共和国は、北ヨーロッパと北米大陸の間に位置する島国で、首都はレイキャビク。北海道と四国を合わせた約10万3千平方キロメートルの国土を持ち、人口は約35万人と多摩市の約2倍。「世界経済フォーラム」で10年連続ジェンダー(男女)平等国として世界1位になっており、水力や地熱などの再生エネルギーの先進国だ。火山国で温泉文化があり、漁業が盛んな国で捕鯨も行うなど日本との共通点も多いという。

 直近のオリンピックには、体操や柔道、射撃、バドミントン、陸上、競泳、ハンドボールなどの競技でロンドン大会に30人、リオ大会に8人の選手が出場している。東京大会への出場選手はまだ決まっていないものの、ÍSÍでは15人〜30人を想定しているという。

 今回のキャンプ地の決定については、昨年11月に行われた各国オリンピック委員会の代表者が一堂に会する総会で、各自治体が事前キャンプ誘致ブースに出展する中、多摩市のブースをÍSÍのリネイ・ラット・ハルドルスドッティル事務総長が立ち寄ったことがきっかけ。それから交渉が始まり、様々な種目の会場に近く、移動時間も少ないことを理由に、候補地として多摩市に打診。今年3月に、多摩センターや国士舘大学の多摩キャンパスを視察し、「施設と街が素晴らしい」と決定したという。

 事前キャンプは、大会前に行い、同国の選手団が多摩市内に宿泊し、国士舘大学の施設で練習を行う他、市民との交流も予定している。

「様々な分野で交流を」

 駐日アイスランド大使館で行われた締結式にはÍSÍのリネイ事務総長と、阿部市長、学校法人国士舘の大澤英雄理事長が出席。冒頭、エーリン・フリーゲンリング駐日アイスランド共和国大使が「事前キャンプにかかる覚書を多摩市、国士舘、ÍSÍと結べることを個人的、アイスランド的にも喜んでいる。祖国から離れている選手に対して非常に多くの協力をしていだたけることを期待しています」と挨拶した。またリネイ事務総長は「皆様の親切な心と提供していただく様々な施設に関して感謝しています。選手団一同と日本に来ることを楽しみにしています」と話した。

 阿部市長は「選手団をお迎えするにあたって、高いレベルの練習に専念できるよう国士舘の皆様と共に全力で支援に取り組んでいきたい」と話し、重ねて「スポーツ交流のみならず、駐日アイスランド大使館を通じて様々な分野で交流が図られていくことを切に希望する」とホストタウンへの登録もめざすことにも言及した。国士舘の大澤理事長は「本番において最大の成績があげられるようにこれからも短い時間ではありますが、整備等々にベストを尽くしてお待ちしたい」と話した。その後、それぞれが覚書にサインをし握手を交わした。
 

多摩版のトップニュース最新6

独自策第2弾に約8億円

市6月補正予算

独自策第2弾に約8億円 政治

コロナへの対応策が中心

6月25日号

15年ぶり「ビン牛乳」復活

市立小・中学校

15年ぶり「ビン牛乳」復活 教育

今年度から給食に並ぶ

6月25日号

飲食チケットで応援

多摩市コロナ対策

飲食チケットで応援 経済

10%特典 参加店舗で販売

6月11日号

今年の思い出「ひまわり」に

多摩二小

今年の思い出「ひまわり」に 教育

コロナの差別・偏見なくす

6月11日号

「PCRセンター」を開設

多摩市

「PCRセンター」を開設 社会

医師会が運営 診療も

5月28日号

独自策に1億円超計上

市補正予算

独自策に1億円超計上 政治

コロナ対応で生活支援等

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月25日号

お問い合わせ

外部リンク