多摩版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

多摩大フットサル部 悲願の学生日本一に 創部8年「歴代最強」

スポーツ

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
優勝報告のために阿部市長を訪問した
優勝報告のために阿部市長を訪問した

 聖ヶ丘に多摩キャンパスを構える多摩大学。同大学のフットサル部が8月23日から25日まで岸和田市総合体育館(大阪府)で開催された「第15回全日本大学フットサル大会」で優勝し、初の日本一を決めた。9月17日には優勝報告のため、阿部裕行多摩市長のもとを訪れた。大学初の部活として創部してから8年。悲願を成し遂げた。

 「日本一になろう」─。2012年4月の創部の際に掲げた目標だ。「学校の旗頭となる部活を」と、近年人気を集めているフットサルに着目し、大学初の部活として創部。日本代表経験もある福角有紘監督を招聘したものの、集まったメンバーは7人。そこから福角監督の指導のもとで練習に励み、3年目に東京都大学リーグ1部で優勝。4年、5年目に2年連続で全国大会3位になり、年代別の日本代表選手も輩出するなど、全国屈指の強豪チームに成長した。

 6年目も全国大会に出場したものの、1次ラウンドで敗退。昨年は、都大会決勝でまさかの敗戦。今のチームは、ここからスタートした。リベンジを誓い、改めて「日本一」を目標に、選手たち自らも考えながら練習に取り組み、試合で失点をしても声を掛け合ってコミュニケーションを取ることを意識してきた。

 そうして臨んだ今年6月の都大会。緒戦で強豪・明治学院大学を退けると、決勝の相手は昨年敗れた慶応大学。「これまでで一番気持ちが入っていた。全国大会を戦った中でもこの試合が一番熱くなった」と部長の福田恭丈選手(4年生)が振り返る試合は、5対4で接戦を制し、昨年のリベンジを果たした。

 7月に行われた関東大会では、持ち前の攻撃力を発揮し、3試合で25得点3失点と大暴れ。2年ぶりの全国大会の切符を手にした。その全国大会では、シードされ準々決勝から登場。北九州市立大学、北海道大学を次々と破り、初の決勝に進出。相手は、同じ関東大学リーグに所属する桐蔭横浜大学。開始早々にオウンゴールで失点するも、前半に逆転。後半にも追加点を奪い、失点を許しながら、5対3で振り切り、悲願の初優勝を飾った。

目指すは連覇

 「個性があってがむしゃら。すべての局面で対応できるチーム。歴代No.1」と福角監督は今年のチームをそう評する。「日本一という目標に向かってやってきた。自分の方針もあるが、選手、特に4年生たちが努力して日本一になれた。自分自身も成長させてもらいながら頂点にたどり着いた」と表情を綻ばせる。

 キャプテンの南雲颯太選手(3年生)は「昨年、都大会の準決勝で負けて1年間日本一を目標に練習してきたので嬉しい。いろいろな出来事をみんな乗り越え、自主練もして濃くて楽しい時間だった」と感慨深くこの1年間を振り返る。

 福田部長は「先を見ずに、チームコンセプトである『一戦必勝』を掲げてやってきた。試合ではうまくいかないこともある。硬くなりすぎずフットサルを楽しんでいるチームが強い。これからも楽しんで取り組んでもらいたい」と後輩にエールを送る。福角監督は「今年のチームが最高の結果を出した。このチームを追い越して、結果として大学日本一、そして連覇を目指していきたい。学生たちには人間性、社会性も求めていきたい」と今後に意欲を見せた。
 

多摩版のトップニュース最新6

アイスランドと友好深化

多摩市

アイスランドと友好深化 社会

「男女平等」浸透に期待

6月23日号

「待つ」こと学ぶ場に

「ひきこもり」多摩市家族会

「待つ」こと学ぶ場に 社会

設立3年 悩み語り合う

6月23日号

「優等生」として30年

京王8000系

「優等生」として30年 社会

輸送力増強に応える

6月9日号

「ウルトラ走者」として活躍

多摩市出身楠瀬さん

「ウルトラ走者」として活躍 スポーツ

人気ブロガーの顔も

6月9日号

「全国一の舞」6月披露

諏訪中園田さん

「全国一の舞」6月披露 文化

好成績残し、出演へ

5月26日号

昨年に比べ、増加の兆し

多摩川アユ遡上

昨年に比べ、増加の兆し 社会

定置網に7倍の数

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook