多摩版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

青陵中学校 独自アイデアで商店街を活性化 利用者「ありがたい」の声

教育

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena
物産展で特産品を販売
物産展で特産品を販売

 市立青陵中学校(千葉正法校長)は11月1日、2日、豊ヶ丘・貝取商店街で足湯やフリーマーケットなど中学生のアイデアによる企画を実施し利用者を楽しませた。

 同校では、1年生の総合学習の時間を使って、2年前から、かつて賑わいをみせていた地元の豊ヶ丘・貝取商店街を盛り上げようと「STP(商店街をちょっとたのしく元気にするプロジェクト)」を立ち上げ、生徒たちが独自に考えた企画を実施している。

 今年も、事前に近隣商店会を見て歩き、人通りを多くできる企画を4クラス計20班がそれぞれ考え、9月から準備を始めた。

 迎えた当日、事前にパンフレットや、のぼりを制作し、商店会周辺で呼び込みを行い、フリーマーケットや小物作り教室、射的ボーリング、空き店舗を利用したシャッターアート、プラネタリウム、インスタ映えを狙ったフォトスポットなどの企画を実施した。地元の団体の協力を得て、多摩市都災害時応援協定を結ぶ静岡県西伊豆町の物産展、友好都市の長野県富士見町の温泉の素を使った足湯など、独自の企画で同商店会を訪れた人たちを楽しませた。

 買い物に来ていた近隣に住む女性は「地域とは関係ないという生き方もある中で、中学生がこうして地域で活動してくれるのはありがたい」と話し、長年地元に住むという女性も「シャッターストリートになっている商店街を元気づけようと、毎年違うアイデアで盛り上げてくれてありがたい。SDGsに関することも貼ってあったりと、難しいテーマに取り組んでいることは良いこと」と感想を話した。

 同プロジェクト実行委員長の中島杏さんは「あまり来てもらえないと思っていたので、いろいろな方に来ていただけてありがたいなと思った。もっと周りにポスターとかを貼って呼び込みをすることが課題。今後も地域を盛り上げていけたら」と話していた。

足湯につかる生徒たち
足湯につかる生徒たち

多摩版のローカルニュース最新6

芝生の上でゆったりヨガ

芝生の上でゆったりヨガ スポーツ

209人が参加 多摩陸で

11月19日号

関戸の葬儀ホールで催し

関戸の葬儀ホールで催し 社会

相談会や特産品の販売も

11月19日号

延べ2万2千人が視聴

オンライン文化祭

延べ2万2千人が視聴 文化

新たな活動発信の場に手ごたえ

11月19日号

花火で市民にエール

花火で市民にエール 社会

サプライズで 多摩川から打上

11月19日号

多摩のカヤ場からみる博物誌

多摩のカヤ場からみる博物誌 社会

旧多摩聖蹟記念館で展示

11月19日号

40万球で幻想的な空間に

40万球で幻想的な空間に 社会

多摩センターイルミネーション

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多摩のカヤ場からみる博物誌

多摩のカヤ場からみる博物誌

旧多摩聖蹟記念館で展示

10月25日~12月20日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク