多摩版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

国士舘高校野球部 秋季都大会を2連覇 来春センバツ出場が濃厚

スポーツ

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
優勝を決め喜ぶ選手たち
優勝を決め喜ぶ選手たち

 「秋季東京都高等学校野球大会」の決勝が11月10日、神宮球場で行われ、国士舘高校が6対0で帝京高校を破り、2年連続7回目の優勝を決めた。この結果、来春、甲子園球場で行われる「第92回全国選抜高校野球」への出場が濃厚となった。「春の国士舘」と呼ばれ、過去9回センバツに出場、ベスト4まで進んだことがある同校。「ベスト8」を目標に掲げ、大会までの4カ月、選手個々、チーム力のさらなる向上を図り、甲子園での飛躍を誓う。

 永山の国士舘大学多摩キャンパスの野球場で練習を行う同校野球部。過去に9回センバツに出場し、1991年にはベスト4に進出。「春の国士舘」と呼ばれ、旋風を巻き起こした。

 2016年に同大学から復帰した永田昌弘監督に率いられ、今年春に10年ぶりにセンバツに出場。今夏も、強豪ひしめく西東京地区で、優勝候補として臨んだものの、まさかの緒戦敗退を喫した。永田監督は「幸か、不幸か緒戦で敗退し、新チームを作るのに時間があった」と苦笑する。

 その新チームでは、昨年からのレギュラーは黒澤孟朗選手(2年生)、主将の鎌田州真選手(2年生)の内野手2人だけ。昨年の大会を経験している投手はいなかったが、中西健登投手(2年生)が練習試合で安定した成績を残し、エースに名乗りを上げた。「何十試合する中で負けることが少なかった。攻撃力は前チームよりも勝っている」と永田監督はチームを評する。

中西投手が力投

 今大会では、一次予選2試合を15得点無失点で突破。本選では、1回戦で世田谷学園を6対0で破り、続く都立富士森を相手に11対9で苦しみながら勝利を収めた。3回戦は、永田監督、鎌田主将が「ターニングポイント」に挙げた強豪の明大中野八王子と対戦。初回に3点を先制されながら逆転し、終盤追い上げられるも逃げ切って7対6で勝利を収めた。「初回から、感覚がいつもと違うなと思っていたら点を取られてしまった。終盤追い上げられたけど、投げ切ることができて自信になった」と中西投手は振り返る。

 続く、準々決勝は修徳を8対4で退け、準決勝で都立城東を5対0、決勝で強豪・帝京を6対0でくだし、優勝を決めた。中西投手は、準決勝で指に血豆を作りながら一人で投げ抜き、決勝も血豆の影響が心配されながらも強豪を相手に完封し、チームを優勝に導いた。「試合中は多少違和感はあったけど、意識はしていなかった。いつの間にかつぶれていました」と意に介さず、快投を見せた。

目標はベスト8

 鎌田主将は「優勝を目指してやってきたので、成し遂げられて嬉しいし、自信になった」と笑顔を見せる。続けて「まだミスが多いので、修正しながら走塁やバント、サインプレーなどを鍛えていきたい。センバツでは、相手に名前負けしないよう、まず一つ勝って勢いに乗っていけたら」と意気込みを語る。永田監督は「選手個々、チーム力もレベルアップして、ベスト8を目標にしたい」と抱負を語った。

多摩版のトップニュース最新6

市職員8人に消防総監賞

市職員8人に消防総監賞 社会

連携で高齢男性を救命

7月9日号

小池氏が再選

都知事選

小池氏が再選 政治

市民「暮らしに寄り添って」

7月9日号

独自策第2弾に約8億円

市6月補正予算

独自策第2弾に約8億円 政治

コロナへの対応策が中心

6月25日号

15年ぶり「ビン牛乳」復活

市立小・中学校

15年ぶり「ビン牛乳」復活 教育

今年度から給食に並ぶ

6月25日号

飲食チケットで応援

多摩市コロナ対策

飲食チケットで応援 経済

10%特典 参加店舗で販売

6月11日号

今年の思い出「ひまわり」に

多摩二小

今年の思い出「ひまわり」に 教育

コロナの差別・偏見なくす

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

これからの男女平等考える

これからの男女平等考える

女性センターでワークショップ

7月21日~7月22日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク