多摩版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

子育てカフェが学童受け入れ 学校休校を受け、地域の垣根超え

社会

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
子どもたちを受け入れる「こどもリビング」
子どもたちを受け入れる「こどもリビング」

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、全国で学校が一斉休校になる中、自治体の枠を超えて子育てカフェを運営する6店舗で構成された「子育てカフェネットワーク」が3月2日以降それぞれが工夫をこらし、市民の居場所づくりや弁当の提供などに乗り出している。

 同ネットワークは府中市の「kotocafe」、八王子市の「kikki+」、国分寺市の「カフェといろいろびより」、調布市の「カフェaona」、世田谷区の「コミュニティカフェななつのこ」、多摩市の「こどもリビング」で構成され、各店に集い情報交換するなどの交流を行っている。

地域の力で支え

 聖蹟桜ヶ丘駅の近くの「こどもリビング」(【電話】042・400・6461)では、日中は子連れで保育園の給食が食べられるコミュニティカフェとして運営し、放課後にあたる時間は放課後シェアハウスとして学童の受け入れを行っている。

 今回の突然の休校要請を受け、3月2日からカフェを縮小し、緊急で学童保育の受け入れを開始。1年生から6年生の1日30人までを午前7時30分から午後8時まで預かり、この3月に限り登録料は無料で受け入れている。手作りの昼食、おやつ、夕食を提供し、家族の分まで弁当を持ち帰ることも可能だという。

 管理人の田中鉄太郎さんは「今回は国、地域が緊急事態。川向こうの街から来て下さる方もいた。感染防止には十分気を付けたうえで、必要とされる方々のために利用していただければ。こういう時こそ、地域の力で子どもたちや子育て中の家庭を支えていきたい。ボランティアでお力を貸していただける方はぜひご協力をお願いします」と話している。

多摩版のローカルニュース最新6

「100人斬り」に注目

永山出身橋本さん

「100人斬り」に注目 社会

ポートレート企画

12月2日号

多くの動物とも出会える

多くの動物とも出会える 社会

ファンも存在?

12月2日号

実は英会話教室の激戦区

実は英会話教室の激戦区 経済

書店も充実

12月2日号

イルミ幻想的に

イルミ幻想的に 社会

来年2月まで点灯

12月2日号

盛り上がり支える

盛り上がり支える 社会

地元商店会がひと役

12月2日号

魚、どう見極め

魚、どう見極め 社会

年末年始用 マグロ職人に聞く

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook