多摩版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

多摩市ツバメ調査団の団長を務めた 渡辺 仁さん 和田在住 52歳

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena

ツバメの調査・研究を

 ○…2016年、17年に30年ぶりに実施した多摩市のツバメ調査。49人から成る調査団の団長を務め、メンバーと一緒に市内を歩いて回った。ツバメの数が減っているのではと言われる中で、市内の数は減少しておらず、営巣の場所が変わっていることが分かった。「ツバメがいるところは人にとっても理想的な場所。ツバメと共生できる方法を知ってもらえたら」と笑顔で話す。

 ○…横須賀市出身。幼い頃からバードウォッチングなどが好きで大学では生物学を学んだ。卒業後は、都心の建設コンサルタントの会社に入社。生物の調査などに携わっていた。そうした中で興味を持ったのがツバメだった。都心のビル群の中でも繁殖していると聞いて調査に参加。小中学生でも知っている身近な存在にも関わらず大人向けの案内書がないほどツバメの生態は謎が多い。「知れば知れるほど面白い」と調査、研究にのめり込んでいった。

 ○…仕事で全国や海外で生物調査のプロジェクトなどに携わっていたが、地域に根差した活動がしたいと一念発起。昨年、会社を退職しNPO法人東京生物多様性センターを設立した。今後は東京をフィールドに、自治体の生物多様性の地域戦略づくりを地元の人と一緒に関わっていくことが目標だ。「都市に適応している東京の自然は面白い。これまでの経験や知識を活かした活動をしていきたい」と微笑む。

 ○…NPOの立ち上げや日々の活動に対する家族の理解に感謝する。これから大学の博士課程でツバメとコロナの影響に関する論文を書く予定。「少しはわかるようになったけど、一生かけてもすべての謎は解けないでしょうね」。これからもツバメのみならず、生物についての研究、調査のライフワークが続く。

多摩版の人物風土記最新6

藤原 昌子さん

クリスマスを施設などで過ごす子どもたちに本を贈る取り組みを行う

藤原 昌子さん

聖ヶ丘在住 75歳

12月2日号

添田 正美さん

箱根駅伝出場を決めた国士舘大学・陸上競技部を率いる

添田 正美さん

八王子市在住 44歳

11月18日号

小山 喜明さん

多摩市50周年の記念ビールづくりに協力した関戸で酒店を経営する

小山 喜明さん

関戸在住 45歳

11月4日号

千葉 正法さん

今月、多摩市教育委員会の教育長に就いた

千葉 正法さん

町田市在住 57歳

10月21日号

横田 まさこさん

多摩市50周年を記念する公演を主宰する「市民劇団TAMA」の代表を務める

横田 まさこさん

川崎市在住 62歳

10月7日号

松本 薫さん

東京五輪・柔道の解説を務めたオリンピックメダリストの

松本 薫さん

多摩市内在住 34歳

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook