多摩版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

手作りうちわ258枚を寄贈 北諏訪小5年生が島田療育センターに

教育

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
担当教諭から島田療育センターの岩井さんに手渡された
担当教諭から島田療育センターの岩井さんに手渡された

 市立北諏訪小学校(木下雅雄校長)は9月2日、社会福祉法人日本心身障害児協会が運営する「島田療育センター」(中沢)に児童手作りのうちわ258枚を寄贈した。

 今年行われる予定だった「東京オリンピック・パラリンピック2020」に向けて、児童のボランティアマインドを醸成しようと、同校では昨年、「島田療育センター」のスタッフを招き、4年生の総合的な学習の時間で「自分たちができること」という内容について授業を行った。

 そのことをきっかけに、今度は同施設恒例の夏まつりで配布されているうちわを作ろうと計画。昨年度の3学期中に製作する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で休校となったこともあり、このほど製作し完成した。

 うちわは、同施設が用意した台紙に、現5年生3クラス87人が、夏まつりで配ることをイメージして、花火やひまわり、すいか、キャラクターなど思い思いの絵柄を描き、258枚が出来上がった。制作した児童は「喜んでもらえたら嬉しい」「いろいろな人に使ってもらえたら」と話していたという。

 同施設の岩井理さんは「実用的でとても良いものをいただけて嬉しい。今回の取り組みがボランティアのきっかけになってくれれば。今年の夏まつりは規模を縮小して実施することになったが、そこで配りたい。この縁が、地域につながっていってほしい」と話していた。

さまざまな絵が描かれたうちわ
さまざまな絵が描かれたうちわ

多摩版のローカルニュース最新6

「100人斬り」に注目

永山出身橋本さん

「100人斬り」に注目 社会

ポートレート企画

12月2日号

多くの動物とも出会える

多くの動物とも出会える 社会

ファンも存在?

12月2日号

実は英会話教室の激戦区

実は英会話教室の激戦区 経済

書店も充実

12月2日号

イルミ幻想的に

イルミ幻想的に 社会

来年2月まで点灯

12月2日号

盛り上がり支える

盛り上がり支える 社会

地元商店会がひと役

12月2日号

魚、どう見極め

魚、どう見極め 社会

年末年始用 マグロ職人に聞く

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook