多摩版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

連光寺小 エネ小屋で再エネ学ぶ 6年生に出張授業

教育

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
(上)蓄電された電気で小屋の水道を流す児童(下)家電の消費電力の実演を見学
(上)蓄電された電気で小屋の水道を流す児童(下)家電の消費電力の実演を見学

 市立連光寺小学校(棚橋乾校長)で9月17日、調布市の市民グループがつくった太陽光だけで生活ができる移動式の「えねこや(エネルギーの小屋)」による出張授業が行われ、6年生72人が再生可能エネルギーについて学習した。

 同校では、4年前から6年生の総合的な学習の時間に、ESD教育(持続発展教育)の一環として、再生可能エネルギーについて学んでいる。毎年、学校で太陽光や風力などの発電に挑戦し、できた電気をバッテリーに蓄電。12月には聖蹟桜ヶ丘駅前のイルミネーションを点灯させるなどの活動も行っている。

 今年は、新型コロナウイルスの影響で、社会科見学などが中止、移動教室も自粛するなど活動が制限される中で、今回、太陽光だけで生活することができる移動式の「えねこや」をつくった「一般社団法人えねこや」を招いた出張授業が行われた。

 当日は、クラスごとに授業が行われ、それぞれ5グループに分かれて、外の様々な距離・角度や、室内で素材や造り、発電・蓄電の仕組みを観察した。また窓ガラスと壁の断熱材を実際にふれながら熱の伝わり方を体験。太陽光発電の屋台では、家電がどれだけ電力を消費するかの実演を見学した。

 授業に参加した女子児童は「エネ小屋がいろいろな工夫がされていてすごかった。これで生活してみたいと思った」と感想を述べた。同団体の湯浅剛代表理事は「実際に見て触ってて何かを感じて取ってもらい、将来少しでも思い出してもらえれば。再エネ、省エネの普及、持続可能な社会の実現に向けて素材にも目を向けてもらうきっかけになれば」と話した。

移動式のえねこや(エネルギーの小屋)
移動式のえねこや(エネルギーの小屋)

多摩版のローカルニュース最新6

「多摩の文化を楽しんで」

「多摩の文化を楽しんで」 文化

「市民文化祭」市内3会場で

10月22日号

駅前放置自転車の解消へ

駅前放置自転車の解消へ 社会

 22日から31日まで クリーンキャンペーン

10月22日号

開館90年を記念して

開館90年を記念して 文化

旧多摩聖蹟記念館で特別展

10月22日号

計700Km 時間内に完走

自転車競技「ブルベ」 2大会に参加

計700Km 時間内に完走 スポーツ

南野在住 小坂智弘さん

10月22日号

マンションの近未来を考える

マンションの近未来を考える 社会

ベルブホールでセミナー

10月22日号

いつでもどこでも音楽を

いつでもどこでも音楽を 文化

「せいせき音フェス」今年はオンラインで

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映像から学ぶNT(ニュータウン)開発

映像から学ぶNT(ニュータウン)開発

郷土史講座 関戸公民館で

11月4日~11月18日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク