多摩版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

社協 有事に備え5市で協定 災害ボラセン運営等

社会

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena
多摩市社協の伊藤会長(右)と町田市社協の小野敏明会長
多摩市社協の伊藤会長(右)と町田市社協の小野敏明会長

 多摩、八王子、町田、日野、稲城5市の社会福祉協議会は10月1日、災害ボランティアセンターの運営を相互に協力し合う協定を締結した。

 災害ボラセンは、地震や風水害が発生した際に設置され、全国各地から支援に駆け付けたボランティアを被災者のニーズに応じて振り分け、派遣する役割を担う組織。各市の社協によって設置される。

 昨年10月に発生した「令和元年東日本台風」では、八王子市で浅川の増水により浸水家屋が多数発生し、八王子市社協が災害ボラセンを設置。その運営の応援として、多摩、町田、日野、稲城の社協職員が1カ月にわたり派遣された。

 地震や気候変動による風水害が多発する昨今。今後への備えとして、今回5市で災害ボラセンの運営を相互に協力し合う協定を締結。協定の内容は「災害の情報の共有」「職員の相互派遣」「資機材の提供・貸与」「市境でのボランティアの相互派遣の協力」など。体制の強化を図ることで、いざ災害が起きた際に、迅速な災害普及と被災者の支援につげることが目的だ。

 多摩市社協の伊藤雅子会長は「多摩地域の5市でこのような協定を結べたことは心強い。連携、協力できる体制が整ったことは地域の皆様によっても安心や安全が感じられる心強いこと。これから安心して住み慣れた地域で住み続けることができるよう活動していきたい」と抱負を語った。

多摩版のローカルニュース最新6

「原峰のかおり」を使ったレシピ募集

「原峰のかおり」を使ったレシピ募集 経済

優勝者は店舗でメニューに

1月21日号

「伝統芸能」稽古の成果発表

「伝統芸能」稽古の成果発表 文化

3団体が合同で

1月21日号

今年はお焚き上げだけ

今年はお焚き上げだけ 社会

乞田・貝取ふれあい広場で実施

1月21日号

子どもの貧困 事例から学ぶ

子どもの貧困 事例から学ぶ 社会

関戸公民館で講演会

1月21日号

「社会情勢にあわせ臨機応変に」

「社会情勢にあわせ臨機応変に」 教育

コロナ禍での学校教育を清水教育長に聞く

1月21日号

市内から4作品が奨励賞に

市内から4作品が奨励賞に 教育

「東京都明るい選挙ポスターコンクール」

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

お問い合わせ

外部リンク