多摩版 掲載号:2020年11月5日号 エリアトップへ

「文化芸術が市民の元気に」 市民文化祭オープニングセレモニー

文化

掲載号:2020年11月5日号

  • LINE
  • hatena
オープニングセレモニーで演舞を披露する市民民謡連盟
オープニングセレモニーで演舞を披露する市民民謡連盟

 多摩市と多摩市文化団体連合が主催する「第43回たま市民文化祭」が現在、関戸公民館、永山公民館、京王聖蹟聖蹟桜ヶ丘SCアウラホールで開催されている。10月24日には、関戸公民館ヴィータホールで来賓や参加団体の関係者らが出席してオープニングセレモニーが開かれた。

 冒頭、登壇した同実行委員会の堀井義明実行委員長が「先輩方が築いてくれた伝統をコロナに負けないように、明るく楽しく、免疫力を高め、ポストコロナの新しい時代を築いていきたい」と挨拶。続いて、文団連の青木ひとみ理事長は「市民をはじめ、市もバックアップしてくださり開催することができた。文化芸術が元気を与えてくれるという心意気を文化祭を通して、皆様にお見せし、皆様も一緒に感じて楽しんでいただけたら」と力強く話した。

 なお、同文化祭は11月15日(日)まで3会場で各団体の展示や発表が行われている。詳細は文団連HPで確認を。問い合わせは、同事務局【電話】042・355・2116へ。

挨拶する堀井実行委員長
挨拶する堀井実行委員長

多摩版のローカルニュース最新6

「100人斬り」に注目

永山出身橋本さん

「100人斬り」に注目 社会

ポートレート企画

12月2日号

多くの動物とも出会える

多くの動物とも出会える 社会

ファンも存在?

12月2日号

実は英会話教室の激戦区

実は英会話教室の激戦区 経済

書店も充実

12月2日号

イルミ幻想的に

イルミ幻想的に 社会

来年2月まで点灯

12月2日号

盛り上がり支える

盛り上がり支える 社会

地元商店会がひと役

12月2日号

魚、どう見極め

魚、どう見極め 社会

年末年始用 マグロ職人に聞く

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook