多摩版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

都立多摩桜の丘学園 街中に生徒たちの絵画を 市内12店舗で展示

社会

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
アトリエ・タッセルに展示された作品の前でパウンドケーキを販売する生徒たち
アトリエ・タッセルに展示された作品の前でパウンドケーキを販売する生徒たち

 都立多摩桜の丘学園(山本優校長)は現在、市内12店舗の協力を得て同校生徒たちの絵画作品などを展示するプロジェクト「Sakuraアートタウンギャラリー」を実施している。

 知的障害・肢体不自由な児童・生徒が通う特別支援学校である同校。同プロジェクトは、中等部・高等部の生徒たちが貼り絵、水彩画といったさまざまな技法を使って描いた絵画作品を、市内のさまざまな場所で展示し、学校や生徒たちの学習の活動を広く知ってもらおうと企画された。

 9月中旬から同校の教員が市内の店舗に展示を依頼。12店舗の協力を得て、生徒たちの作品46点が展示されている。そのうちのひとつ「コーヒーショップ白樺」(貝取)では17作品を展示。同店では、日頃から店内で美術作品を展示しており、新倉悟さんは「学校へ作品を観に行くよりも、こうしてオープンで観ることができるのは良いこと。障害の有無は関係なく、上手な作品が多い。今後も協力していきたい」と話す。また「アトリエ・タッセル」(桜ヶ丘)では10月30日、展示された作品の前で生徒たちが作ったパウンドケーキの販売会も行われた。

 同校の山本校長は「思っていた以上に店舗の方々にご協力いただけて嬉しい。子どもたちの美術作品の可能性、才能を発信できる機会として今後も協力していただける店舗を探しながら、拡大していければ」と意欲を見せた。

展示作品を紹介するコーヒーショップ白樺の新倉さん
展示作品を紹介するコーヒーショップ白樺の新倉さん

多摩版のローカルニュース最新6

「100人斬り」に注目

永山出身橋本さん

「100人斬り」に注目 社会

ポートレート企画

12月2日号

多くの動物とも出会える

多くの動物とも出会える 社会

ファンも存在?

12月2日号

実は英会話教室の激戦区

実は英会話教室の激戦区 経済

書店も充実

12月2日号

イルミ幻想的に

イルミ幻想的に 社会

来年2月まで点灯

12月2日号

盛り上がり支える

盛り上がり支える 社会

地元商店会がひと役

12月2日号

魚、どう見極め

魚、どう見極め 社会

年末年始用 マグロ職人に聞く

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook