多摩版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

UR都市機構 永山駅に「テレワ」スペース 3月19日まで 実証実験

経済

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena
無線LANなどが完備されたワーキングデスク
無線LANなどが完備されたワーキングデスク

 独立行政法人都市再生機構(横浜市、以下UR都市機構)は1月20日から、永山駅前の「グリナード永山」5階にテレワークスペースを開設した。この取り組みは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワークが推奨されている中、どこでも働ける環境と、居住の場が融合したライフスタイルを大都市近郊の駅前拠点の再生につなげるため、期間限定でテレワークスペースを設け、機能や条件などのニーズを把握する実証実験となる。期間は3月19日(金)まで。

 UR都市機構の前身となる「日本住宅公団」が東京都や、東京都住宅供給公社とともに開発された「多摩ニュータウン」。「永山・諏訪団地」での初期入居が始まって、今年で50年目を迎える。UR都市機構では、2013年から多摩市と連携して、「多摩ニュータウン再生」に取り組んでいる。

 そうした中、昨年から新型コロナウイルスの感染拡大によって、働き方も変わり始めた。職場に行かなくても自宅などで電話やパソコン、ネットワークなどを使って仕事をする「テレワーク」が推奨され、どこでも働ける場と、居住の場が融合した新しいライフスタイルが浸透しつつある。

 そこで、UR都市機構では今回、その新しいライフスタイルを大都市近郊の駅前拠点の再生につなげるため、新都市センター開発(株)が運営する永山駅前の商業施設「グリナード永山」にテレワークスペースを開設し、どのような機能、条件が必要かなどのニーズを把握するための実証実験を行うこととなった。

パソコンのみLINEで予約

 今回開設されたテレワークスペースの名称は「TiNK Desk with UR 多摩永山駅前」。施設運営は、机の時間貸しや空間全体を1企業などに提供するなどのサービスを展開する「(株)tsumug」(福岡県福岡市)が担う。「家よりイイ設備」「カフェより集中できる」をコンセプトに、パーテーションで区切られた6席のワークデスクと、2つのミーティングエリアが設けられている。ワークデスクには、電動昇降デスクに、27インチの4Kモニター、Qi認証ワイヤレス充電器、各種対応の給電用ケーブル、コンセントがあり、無線LANが完備されているため、パソコンやタブレットがあればすぐに仕事が始められるという。またミーティングエリアには、4人掛けのテーブルにモニターや、USBハブ、ホワイトボード、WEB会議用スピーカーマイク・カメラが配備され、無料のドリンクコーナーも設置されている。利用する際には、コミュニケーションアプリ「LINE」で”友だち”になるだけで、設備の予約や、部屋の解錠、支払いが可能(支払いはクレジットカードも可)。利用料は、ワークデスクであれば15分ごとに90円(税抜き)となっている。

 UR都市機構では「今回の実証実験で、どのくらいの方が利用するのかなどニーズを把握するだけでなく、地元の方々にぜひ役立ててもらえれば。結果次第では、実験期間が終わってからもテレワークスペースの設置を検討していく。多摩市とも結果を共有し、今後のニュータウン再生に活かしていければ」と話している。
 

ミーティングエリアも
ミーティングエリアも

多摩版のトップニュース最新6

新体操団体率いて日本一

市内在住梅本さん

新体操団体率いて日本一 スポーツ

世田谷の高校 完成度高く

4月15日号

65歳以上はGW明け

市コロナワクチン接種

65歳以上はGW明け 社会

医師会・田村会長に聞く

4月15日号

街の盛上げに「KAO」あり

街の盛上げに「KAO」あり 社会

地域グループ 催し企画

4月1日号

芝生通じ、地域とつながり

南鶴牧小

芝生通じ、地域とつながり 社会

「宝に」 一致団結

4月1日号

50年 市の発展に貢献

多摩ニュータウン

50年 市の発展に貢献 社会

人口増 インフラ整備進む

3月18日号

再び、消費喚起策

多摩市

再び、消費喚起策 経済

27日からキャンペーン

3月18日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter