多摩版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

関戸の市国際交流センター コロナ収束願い、折り鶴

社会

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena

 コロナ収束の祈りも込めて--。関戸の多摩市国際交流センターで現在、世界各国の国旗や、「冨嶽三十六景」の絵柄の折り紙でつくられた鶴が飾られている。

 センター担当者によると、これら折り紙は多摩市の職員から偶然もらったものといい、彩り豊かであったことから折り鶴にして展示するようになったのだという。

 「皆さんに喜んでもらいたいと飾りました。冨嶽三十六景の絵柄は外国の方が興味を示してくれると思って。コロナ収束の願いも込めました」と担当者は話し、折り鶴の上部には、「がんばろう!コロナ終息まで」というメッセージを掲げられている。

 展示は3月中まで。場所は、京王・聖蹟桜ケ丘駅から徒歩1分の施設内7階。通路に面しており、見学自由という。

多摩版のローカルニュース最新6

両区に5氏が出馬へ

【Web限定記事】 衆院選21・23区

両区に5氏が出馬へ 政治

19日公示、31日投開票

10月14日号

コロナ風評被害 市内でも

コロナ風評被害 市内でも 社会

唐木田のハンドドライヤー会社

10月7日号

きょうはミステリの日?

きょうはミステリの日? 文化

作家の安藤さん「謎解きは楽しい」

10月7日号

「入口」をバリアフリー化

「入口」をバリアフリー化 社会

聖蹟桜ヶ丘駅近くの商業ビル

10月7日号

藤澤ノリマサ コンサート

藤澤ノリマサ コンサート 文化

11月 秦野市で

10月7日号

「奇跡」が見ごろ

町田ダリア園

「奇跡」が見ごろ 社会

オリジナル品種も登場

10月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook