多摩版 掲載号:2021年7月8日号 エリアトップへ

都議選南多摩区 都ファ石川氏 トップ当選 自民・小礒氏が返り咲き

政治

掲載号:2021年7月8日号

  • LINE
  • hatena
支持者と喜ぶ石川氏(中央)=4日午後10時30分ごろ=
支持者と喜ぶ石川氏(中央)=4日午後10時30分ごろ=

 4日に投開票された都議選・南多摩選挙区(多摩・稲城市=定数2)は現職2人、前職1人、新人1人の4人で争われ、都民ファーストの会の現職石川良一氏(69)がトップ当選し、自由民主党の元職小礒明氏(69)が返り咲きを果たした。立憲民主党の現職斉藤礼伊奈氏(42)、日本共産党の新人上杉直氏(41)は力及ばなかった。多摩市の投票率は前回から10ポイント近く下回る43・73%だった。

 降りしきる雨のなか行われた都議選。秋までに実施される衆院選の前哨戦とも言われるなか4日、南多摩選挙区の投開票が行われ、2019年から都議会議長を務めた石川氏がトップ当選。石川氏は多摩市票こそ、小礒氏に1837票及ばなかったものの、市長を20年間務めた稲城市では小礒氏に6247票(速報値)差をつけた。

 朗報を聞くや石川氏は「こつこつと取り組んできたことが評価されたと思う」と語り、今後は「財政が厳しいなか、改革のマインドをもって都政を進めていく」と話した。

 一方、前回17年の都議選で議席を失った小礒氏はコロナ対策を最優先事項として選挙戦を戦い、投票率が伸びないなか、前回よりも1661票を上積みし返り咲きを果たした。

 支持者を前にした小礒氏は「責任の重さを感じる選挙戦だった。その責任と謙虚さを胸に今後の都政における活動を再開させていく」と意気込みを示した。

 前回、都ファで初当選した斉藤氏は立憲民主に鞍替えして出馬したものの、ベララン議員2人の地元での認知度に跳ね返され、落選。「東京五輪を中止し、コロナ対策を」と訴えた上杉氏も力及ばなかった。

 南多摩選挙区の投票率は雨天が影響したためか速報値で前回の54・20%を下回る43・96%。多摩市は43・73%で稲城市は44・35%だった。
 

返り咲きを喜ぶ小礒氏
返り咲きを喜ぶ小礒氏

多摩版のトップニュース最新6

競泳全国大会で活躍

落合中水町兄弟

競泳全国大会で活躍 スポーツ

個人メドレーなどで入賞 

9月9日号

電気の地産地消示す

たまでん

電気の地産地消示す 社会

市民の手で発足 来月10年目

9月9日号

会員急増で手腕に注目

市シルバー人材センター

会員急増で手腕に注目 社会

全国上位の伸び示す

8月26日号

29年度までに全4車線化

尾根幹線道路

29年度までに全4車線化 社会

今年度から「最終区」工事

8月26日号

1年過ぎ、徐々に浸透

市ユーチューブチャンネル

1年過ぎ、徐々に浸透 社会

今後は「外向き」発信も

8月5日号

コロナ禍で存在感

鶴牧の研修施設

コロナ禍で存在感 社会

「公共の場」としての利用増

8月5日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月9日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook