多摩版 掲載号:2021年11月4日号 エリアトップへ

個別住宅の老朽化 対策は 専門家に聞く

社会

掲載号:2021年11月4日号

  • LINE
  • hatena

 初期入居から50年を迎え、老朽化が進む多摩ニュータウン同様、多摩市内の個別住宅でも竣工から年月を重ね、「見直し」が必要な家が少なくないようだ。多摩地域などで住宅のメンテナンスにあたる椿典久さんに聞いた。

 ――多摩地域でも老朽化が目立つ個別住宅は多い

 「はい。街なかで車を走らせているだけでも老朽化が気になる住宅は少なくない。これからの季節、雪が少し積もるだけで雨漏りなどの被害が出るのではないか」

 ――リフォーム工事をしなくても応急処置的な方法もあると

 「1つが塗装。人によって塗装は装飾のイメージがあるかもしれないが、元々は建物の保護を行う目的もある。専用ののりを下地として塗ることで建物の強度が高まる」

 ――建物の老朽を意識する目安は

 「10〜15年ぐらいでしょうか。早めに適切な対応をしていくことが結局は修理費を抑え、住宅を長持ちさせることにつながる。専門家にアドバイスを求めるのも手だ」

多摩版のローカルニュース最新6

悩み続けず、連絡を

ハネダさんの電話相談

悩み続けず、連絡を 社会

5月26日号

「暮らしの場」で高齢者医療

「暮らしの場」で高齢者医療 社会

河北医療財団 天本さん

5月26日号

競技普及に貢献

市ゴルフ連盟28日は記念日

競技普及に貢献 スポーツ

5月26日号

スポーツ吹矢初心者教室

6月25日から総合体育館

スポーツ吹矢初心者教室 スポーツ

5月26日号

「8000系」30周年祝う

2年半ぶり生歌届け

2年半ぶり生歌届け 文化

yucat 東京公演に230人

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook