多摩版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

紅葉のなかススキも かつては多摩の生活に密着

社会

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
尾根幹線沿いに群生するススキ
尾根幹線沿いに群生するススキ

 多摩市内でも11月に入り、イチョウやモミジが色づき、地域住民の目を楽しませている。そんななか、市内の公園や道路沿いなどではススキの姿も――。9月の十五夜の飾りに使われるなど、秋を象徴する植物として日本文化に根づいているススキ。一方、多摩ではニュータウンの開発が始まる前の昭和中ごろまでススキは人々の生活に欠かせない存在だったという。

 ススキなどの草木植物を刈る「カヤ場」に関する展示会を昨年開いた多摩市文化振興財団の学芸員、仙仁径さんによると、農村の風景が広がった当時、多摩にはススキを使ったかやぶき屋根の家がみられ、家畜である牛馬のエサとしてや田畑のたい肥にもススキは使われていたという。

 仙仁さんは「多摩は昔から人と生物との多様な関わりがみられてきた地だが、ススキはその代表格。秋の風景を楽しみながら、ススキを通して地域の環境変化にも思いを向けてもらっても。持続可能な開発目標SDGsの視点をもって眺める機会にして頂ければと思います」としている。

多摩版のローカルニュース最新6

来月、節分祭

一ノ宮の小野神社一般参加も可

来月、節分祭 社会

1月20日号

朗読者を募集

朗読者を募集 文化

3月に八王子の寺院で収録

1月20日号

「パル多摩」現状は?

「パル多摩」現状は? 文化

再オープンまで半年

1月20日号

「練習通り」2部門で栄冠

多摩ハンド

「練習通り」2部門で栄冠 スポーツ

調布市の小学生大会で

1月20日号

「NTスポット」新宿で

「NTスポット」新宿で 社会

市らの多摩魅力発信事業 

1月20日号

スタンプラリー実施中でも・・・

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook