多摩版 掲載号:2022年4月28日号 エリアトップへ

多摩消防署長に宮本氏 意気込みや取り組み聞く

社会

掲載号:2022年4月28日号

  • LINE
  • hatena
宮本署長足立区出身。体を動かすことが好きで、「人のためになる」と消防署へ。趣味はランニング。現在は地理を覚えるため、多摩市内をコースにし、「起伏が激しいですね」
宮本署長足立区出身。体を動かすことが好きで、「人のためになる」と消防署へ。趣味はランニング。現在は地理を覚えるため、多摩市内をコースにし、「起伏が激しいですね」

 多摩消防署(諏訪)の署長に4月1日付で、練馬や板橋区などの消防署を管轄する第十消防方面本部に所属していた宮本和敏氏(59)が就任した。意気込みや取り組みを聞いた

 ――消防方面本部に所属していた

 「副本部長という肩書を頂いていた。消防方面本部とは管轄の消防署の業務が円滑に行われているのかをチェックする役割があり、社会的影響のある災害現場の指揮をとることも任務となるところだ」

 ――意気込みは

 「消防署に入って40年が過ぎた。これまでの集大成として務めていきたい。署員と一丸となって多摩を守っていければと思う」

 「多摩は昔ながらの場所と開発が進んだ地が混在している街という印象。昨年は火災発生件数が一昨年よりも減少するなど、市民の防災意識が高い地域とみている」

 ――何をしていく

 「街や署員一人ひとりの声に耳を傾け、良いと思うものは取り入れていきたい。一方で、いざという時に対応できるよう署員には日々の訓練を欠かすことがないよう伝えていく。また、火災を未然に防いでいくことも大切。市内の施設などへの呼びかけを行っていくつもりだ」

 ――課題は

 「コロナ禍のため、なかなか対面して関係各所とコミュニケーションが取れない点だ。ただ、横のつながりは大切。可能な限り、外へと出てコミュニケーションを図っていきたいと考えている。要望があれば、リモートでの防災学習も受けつけるなど、市民に役立つことを提供していければと思う。市民に『ここに多摩消防署があって良かった』と思ってもらえる存在になっていきたいと考えている」

多摩版のローカルニュース最新6

多摩境の谷戸にホタル

多摩境の谷戸にホタル 社会

昨年は7月初旬まで確認

6月23日号

特等席で鑑賞

特等席で鑑賞 社会

和田の特養で演奏会

6月23日号

ボウリングでチャリティ

ボウリングでチャリティ 社会

永山で大会

6月23日号

プロから「走り」学ぶ

プロから「走り」学ぶ スポーツ

八王子で6月30日

6月23日号

外国人に「救急救命」披露

国士大

外国人に「救急救命」披露 社会

エジプトから参加

6月23日号

市50周年記念イベント

市50周年記念イベント 社会

7月23・24日 パルテノンで

6月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook