海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

「第九」歌う市民募集 12月に文化会館で公演

文化

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena
市民とプロ演奏家が一体となり「歓喜の歌」を響かせる
市民とプロ演奏家が一体となり「歓喜の歌」を響かせる

 「海老名で『第九』を歌おう会」(佐藤千津子実行委員長)が、今年12月に市文化会館で行うコンサートに向け、団員の募集を開始した。

 「第九」は戦後の貧しかったオーケストラやアマチュアコーラスが、「歌えば客を呼び込める人気曲」として広まった。現在、年末の風物詩として全国各地で歌われているのは、この名残だという。

 海老名の第九は1980年に市の誕生を記念して、3つの合唱団が集結し初公演した。2年続けて開催された後は一時途絶えたが、2002年に市内で活動する「レーベンフロイデ合唱団」のメンバーらが中心となり「海老名で『第九』を歌おう会」を立ち上げ、市民による手づくりのコンサートとして復活させた。

 その後、第九は2年に1度のペースで実施され、今年で8回目の公演となる。12月17日の本番では、テレビ朝日「題名のない音楽会」などで活躍する「東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団」と、世界で活躍する指揮者・乾健太郎氏を迎え、ベートーヴェン作曲の交響曲「第4番」と「第9番」をプロの演奏にのせ披露する予定。

 練習は8月末に開始し、市文化会館やビナレッジなどで月に4〜5回のペースで行われる。定員は170人で、夫婦一緒に参加する場合や、29歳以下の人には練習・演奏会参加費の割引制度がある。また、小さな子どもがいる人向けに、練習時の託児サービスも設けられている。

 問合せ・申込みは同事務局(Café Lalala佐藤さん)【電話】046・233・4727、または同会ホームページ(http://dai9.ebi-chor.com/)へ。
 

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月21日号

さくら百華の道に春

座間の名所

さくら百華の道に春 文化

開花リレーがスタート

2月21日号

屋内型イベント綾瀬市自粛方針

総合計画、総仕上げへ

座間市当初予算案

総合計画、総仕上げへ 社会

一般会計、過去最大規模に

2月21日号

議会日程

議会日程 政治

2月21日号

化学防護服で初の出動

海老名市消防

化学防護服で初の出動 社会

不審物除去で一時緊張

2月21日号

20年続く支援

20年続く支援 社会

ソロプチミストあやせ

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク