海老名版 掲載号:2018年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

「備災考えて」 自治会から発信

社会

「防災意識を高めたい」と庄司会長
「防災意識を高めたい」と庄司会長
 国分南2丁目自治会(庄司博会長)がこのほど、防災力の向上を図る「備災プロジェクト」を開始した。

 これは、昨年5月にさつき住宅自治会が市内で最初に取り組んだ事業で、自治会が民間企業(海老名エージェンシー合同会社/山本准代表)と連携を図り、災害備蓄品の購入を代理で行う会員向けのサービス。市内で2つ目の実施となる。

 庄司会長は「まず自助が大切。いずれくる災害に備えて、防災意識を高めてもらえれば」と期待する。

海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

無病息災を願う

無病息災を願う

弥生神社で「夏越の大祓」

6月30日~6月30日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク