海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

野球ひじ、予防へ 児童の為 市内2社が支援

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
ひじの具合をチェックする医師
ひじの具合をチェックする医師

 市少年野球連盟に所属する小学5・6年生150人が7月16日、野球人の天敵ともいわれる”野球ひじ”に関する検査を受けた。

 野球ひじの一つである「離断性骨軟骨炎」は、初期段階では痛みがなく発見が困難で小学生でも1〜2%の割合で兆候が見られるという。成長と共に発症リスクが高まり、この病気に悩まされ、引退する選手も少なくない。

 こうした悩みを早いうちから改善し長く野球を続けてもらおうと、市内中央の飲食店「グランサッソ」(奥村将代表)と扇町にあるIT企業「アルディート」(酒井岩一代表取締役)がスポンサーとなり、企画を実施。今回で6度目になる。

 この日は、北里大学病院の医師らによる診察が行われたほか、投球動作やエクササイズの指導なども行われた。

 同病院の見目智紀医師は「野球少年たちにとって、ものすごく意味のある企画。長く野球を続けられるよう、今後も続けたい」と話す。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月21日号

さくら百華の道に春

座間の名所

さくら百華の道に春 文化

開花リレーがスタート

2月21日号

屋内型イベント綾瀬市自粛方針

総合計画、総仕上げへ

座間市当初予算案

総合計画、総仕上げへ 社会

一般会計、過去最大規模に

2月21日号

議会日程

議会日程 政治

2月21日号

化学防護服で初の出動

海老名市消防

化学防護服で初の出動 社会

不審物除去で一時緊張

2月21日号

20年続く支援

20年続く支援 社会

ソロプチミストあやせ

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク