海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

海老名むかしばなし 第22話「摩尼山(まにさん)の七不思議(六)乳房の公孫樹(いちょう)」 

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena

 下大谷の観音様には、大きな公孫樹が街道ふちにあって、幹から瘤が二つ乳房のように垂れ下がり、その先から滴る雫を飲むと、母乳がよく出るようになるというので、「乳房いちょう」「子育ていちょう」などと呼んで七不思議の一つとされていた。地元よりも、むしろ遠く離れた土地の人の方がこれをよく知っており、母乳の足りない母親がワラジばきで、はるばるこの水をもらいに来た。事実この水を飲むと翌日は乳がほとばしるほど出たという。

 また、この公孫樹は、一本の花梗(かこう)の先にギンナンが二つ並んでつくので、「くっつきギンナン」とも「夫婦ギンナン」とも言われて、これも七不思議の一つであった。

 安産・子育ての観音様にふさわしいこの霊木を、お堂修理の費用捻出のために伐ろうという話が持ち上がったのは、大正に入るとすぐだった。「霊木を伐らなくても」という意見も多かったが、地元の某が先に立って伐ることを主張し、地区ごとに発言力の強い顔利きを説得して、根まわしをしておいて集会に臨んだため、反対意見はつぶされ、とうとう大正二年(一九一三)にこの公孫樹は伐り倒されてしまった。それは張り板、裁ち板、俎板などに挽いて売却したので、現在でも地元には何枚かが残っているはずである。

 この木は一本で二つの不思議を持っていたわけであるが、心ない人たちによって現実の不思議が二つ姿を消してしまったことは、かえすがえすも残念なことである。

 公孫樹を伐り倒すことを主張した人たちは、その後、跡継ぎに恵まれず血統の絶えた家が多いが、子育ての霊木を伐り倒し、子孫繁栄の根本を絶った祟りであろうとは、ある古老の因縁ばなしである。

 現在、石段下の右側にある公孫樹は、その後、池田太郎翁などが若い時、飯島均平氏らとともに植えたもので、樹齢はせいぜい七、八十年であろう。

参考資料/海老名むかしばなし
 

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のコラム最新6

3市版 楽屋帳 vol.16

半旗で弔意表明

海老名市と座間市

半旗で弔意表明

綾瀬市は雨で見送り

10月23日号

3市版 楽屋帳 vol.15

3市版 楽屋帳 vol.15

3市版 楽屋帳 vol.14

3市版楽屋帳vol.13

3市版楽屋帳vol.13

7月24日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

新しい生活様式で運営中

公演情報を随時更新しています。

https://ayase-bunka.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク