海老名版 掲載号:2019年4月12日号
  • LINE
  • hatena

海老名の生き物がかり㉙ ノボロギク

 このコーナーでは、海老名市を拠点に活動するサークル「野草観察の会」が、市内に咲く四季折々の植物を紹介します。

 花の少ない冬の時期でも公園の隅や道端、日当たりのよい土手などに黄色い花をつけた「ノボロギク」を見かけます。

 葉は野菜のシュンギクに似ていて、不規則に深裂し葉柄はなく茎を抱いています。この葉の様子がぼろ切れのように見えることからボロギクの名がつけられたようです。花は一年中咲いていて、キクの仲間ですが舌状花はなく、筒状花だけが多数集まって一つの花の形状を成しています。

 ヨーロッパ原産の一年生草本で日本には明治の初期に入ってきた帰化植物で今は世界中に見られる植物だそうです。湿り気のある畑地などが好きで、農家には雑草として嫌われています。種子はタンポポのように綿毛になって飛びます。

海老名版のコラム最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

87歳が伝える詩(うた)

杉久保南在住の平澤共子さん

87歳が伝える詩(うた)

4月30日、市文化会館で

4月30日~4月30日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク