海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

子どもの声が響くまち・高齢者が孤立しないまち 神奈川ネットワーク運動 つつ木 みゆき

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

 2015年西口まち開き以来、人口は増加し市税も増収しています。一方、保育園・学童保育・学校施設は不足し、事業系ゴミの急激な増加により家庭系ゴミが有料になりました。圏央道の開通で利便性は高まりましたが、南部の稲作地帯に大規模な倉庫や流通センターが建設され、農地の衰退・緑の消失に繋がっています。箱物・開発行政ではなく、市民の生活を安心・安全にする環境づくりが必要です。

 核家族・地域社会が希薄する中で、子育て支援の充実と高齢者世帯サポートが必要です。産前産後ケアの取り組み、一時預かり保育拡充は必須です。共働き家庭になくてはならない病児保育は病院併設型に固執せず、早急に取り組むべきです。そして、待機児童の解消・学童保育の充実には、働く人の待遇改善、関わる人づくりが要です。市の高齢化率は24・5%と超高齢社会に突入しています。住み慣れた地域で自分らしく暮らせるよう地域包括ケアシステムの取り組みは急務です。

 相模川流域には約6万人が居住。ダムの放流をふまえた洪水対策や福祉避難所の高所移設、災害弱者を含めた避難訓練も必要です。また災害時の電力確保はエネルギーの地産地消として公共施設の太陽光発電などを進めることが必要です。生活の課題は政治に直結。市民主役のまちづくりをすすめます。
 

津々木美幸

海老名市中新田1-11-11

TEL:046-235-7014

http://ebina.kanagawanet.jp

海老名・座間・綾瀬版の意見広告・議会報告最新6

次のまちづくりへ

継続の力意見広告

次のまちづくりへ

住んで良かった・元気で笑顔の海老名!!

11月1日号

持続可能な住みやすいまち海老名を目指して

持続可能な住みやすいまち海老名を目指して

元市内中学校教諭 池亀 ゆきお

11月1日号

街と人。"心の未来"を共に育む。

街と人。"心の未来"を共に育む。

海老名市議会議員 志野 誠也

11月1日号

大切なまち 大切なひと

大切なまち 大切なひと

海老名市議会議員 田中 ひろこ

11月1日号

子どもの声が響くまち・高齢者が孤立しないまち

子どもの声が響くまち・高齢者が孤立しないまち

神奈川ネットワーク運動 つつ木 みゆき

11月1日号

新しい時代を切り拓く!

新しい時代を切り拓く!

前海老名市議会議員 永井 浩介

11月1日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

7月8日に全館再開!

ウイルス「ゼロ」ミッションで再稼働

https://ayase-bunka.com/

あやせ名産品のご案内

神奈川県綾瀬市の名産品店6店舗を紹介しています

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000031400/hpg000031386.htm

座間市立市民交流プラザ

7/25ジャズライブ、8/12~古城都の美と健康プログラム

https://zama-p.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク