海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

座間市アウトリーチ支援 「想定以上の反響」 ひきこもりに専門家対応

社会

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
相談に応じる池田さん(左)
相談に応じる池田さん(左)

 座間市で今年8月から始まった「アウトリーチ支援」に、想定を大きく上回る反響がある。専門相談員が市職員に同行して訪問し、より手厚い支援体制が整ったため、これまで市への相談をためらっていた人からの問い合わせが増えたとみられる。

 この支援は、市が国家資格である精神保健福祉士のいる事業者に業務委託。専門相談員は、「ひきこもり」「人間関係がうまくいかない」など生きづらさをもつ人に対し、市職員と一緒に「アウトリーチ」(相談者の自宅などに出向くこと)し、支援に最初から最後まで「伴走」する。

 市では相談実績などから、月に2〜3件の新規相談を想定し、8月から専門相談員を1人配置。しかし、10月までの3カ月間で22件の新規相談があった。相談内容の大半がひきこもりだが、夫婦間や近所のトラブルまで幅広く扱っている。

 市ではこれまで、必要に応じて市職員が訪問をしていた。しかし専門家ではないため、相談者が心を開いてくれない場合や、相談者からの質問に根拠を持って答えられないこともあったという。

 相談員を務めている「相談オフィスわ〜くすけあ」(座間市小松原)の池田陽子さんは、県精神保健福祉士協会の会長で、市の非常勤職員としての勤務経験もある。池田さんは「市職員では躊躇してしまうような深い部分までしっかりと聞ける。また訪問することで解決の糸口が見つかることもあり、行政では手の行き届かない『グレーゾーン』の支援にもつながっている」と話す。

 市生活援護課は「想定以上の反響。一度の訪問で問題解決することは少なく、相談員が一人では余裕がなくなってきており、増員の検討も必要」との認識を示している。

 本人や家族以外からの相談も可能。(問)市生活援護課【電話】046・252・8566、【FAX】046・252・7043

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

新しい生活様式で運営中

公演情報を随時更新しています。

https://ayase-bunka.com/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

集団接種へ準備本格化

新型コロナワクチン

集団接種へ準備本格化 社会

各市、急ピッチで対応

1月15日号

コロナ病床を増床

海老名総合病院

コロナ病床を増床 社会

一般患者の入院にも影響

1月15日号

オンラインで工場見学

オンラインで工場見学 経済

綾瀬の12社、持続可能イベント

1月8日号

綾瀬、座間は中止

成人式会場開催

綾瀬、座間は中止 社会

海老名は延期へ

1月8日号

夢と希望に満ちた明るい1年に

2021(令和3)年3市長 年頭所感

夢と希望に満ちた明るい1年に 社会

1月1日号

プロ入りを報告

東北楽天藤井投手

プロ入りを報告 スポーツ

1年目の目標は「新人王」

1月1日号

【夢ハウス】モニター様募集中!

3棟限定!平屋(26坪)1,730万円、2階建(30坪)1950万円で

http://www.iguchijuken.co.jp/

顔が見えるお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク