伊勢原版 掲載号:2015年9月11日号 エリアトップへ

伊勢原高校 23年ぶり制服一新 来年度入学生から

教育

掲載号:2015年9月11日号

  • LINE
  • hatena
男女ともにネイビーのブレザースタイルになる
男女ともにネイビーのブレザースタイルになる

 県立伊勢原高校(市川範朗校長/生徒数790人)では2016年度入学生から新しいデザインの制服に変更する。創立90周年を迎えるにあたり「これからの伊勢原高校」をアピールするのが狙い。在校生は現在の制服を卒業まで使用する。

 2018年に創立90周年を迎える同校では、「規律正しく向上心豊かで部活動の盛んな『これからの伊勢原高校』を、さらにアピールしていこう」と深川伸一前校長の時から制服の変更を検討。一部職員や生徒、保護者たちの意見も取り入れ、変更が決定した。

 現在の制服は1993年から導入されたもの。女子はブレザー、男子は学ランで、デザインが違う夏服と冬服の2種類があるため、季節で印象が変わるようになっている。今回の新しい制服では夏服と冬服のデザインを統一。男女ともにネイビーのブレザースタイルとなる。1着の購入で年間を通し着用できるため、経済的負担も軽減される。

 新しい制服のデザインは、「伊勢原らしさ」をテーマに制作された。伊勢原市のシンボルである大山をはじめ、桔梗、あやめ、芝桜など四季の花をモチーフにした彩りで、男女ともにブレザーには紫色のステッチを採用。校名入りの特製ボタンや、スカートに施された伊勢原の頭文字「I」の刺繍なども、ポイントとなっている。男子は現在と同じグレーのヘリンボーン柄ズボンを使用し、伝統が受け継がれている。

 デザインだけでなく素材にもこだわった。伸縮性の高い生地を使用し、腕を動かしやすい作りになっているほか、家庭でも洗濯できるウォッシャブルタイプが採用された。

 今回の制服変更を受け、在校生からは新しい制服を羨む声もあるが、現在の制服が無くなることを惜しむ声も出ている。

 同校は「90周年を迎えるにあたり、これまでの伝統を守りつつ、新しい制服でより良い伊勢原高校をアピールしていきたい」と話す。

伊勢原版のトップニュース最新6

プレミアム商品券を販売

商連

プレミアム商品券を販売 経済

割増し率30% 消費喚起に

12月3日号

文科大臣表彰を受賞

市スポーツ少年団

文科大臣表彰を受賞 スポーツ

青少年の健全育成に寄与

12月3日号

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook