伊勢原版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

大渕さんが全国で準優勝 小学生陸上競技交流大会で

スポーツ

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
賞状とトロフィーを手にする大渕さん
賞状とトロフィーを手にする大渕さん

 第35回全国小学生陸上競技交流大会が、8月9日、10日に横浜市の日産スタジアムで開催され、コンバインドA(80mハードル+走高跳)種目に神奈川県代表で出場した、大田小学校6年の大渕龍之介さん(Happiness AC所属)が準優勝に輝いた。

 小学生5・6年生を対象に、陸上競技の基本技術の習得や、基礎体力の養成などを目的に開催されている同大会。大渕さんは7月に開かれた神奈川県予選会で、80mハードル、走高跳ともに自己ベストを更新して優勝。全国大会への切符を手にした。

 全国大会で優勝することを目標に練習を積んできたという大渕さん。憧れの全国大会でも、県予選で更新した両種目の自己ベストをさらに更新。はじめに行われた80mハードルでは1位になったが、走高跳で3cm及ばず、2位となった。「トラックがしっかりしていて、走りやすかった。優勝を狙っていたので2位は残念だけれど、自己ベストが出たので納得している」と話した。

陸上歴1年半

 大渕さんが陸上を始めたのは昨年の4月。元々走るのが好きで、周りより走るのが速かったこともあり、両親のすすめで、秦野カルチャーパークを拠点に活動する陸上のクラブチーム・Happiness AC(古藤涼平代表)に入会した。「はじめは何となく始めたけれど、良いタイムや記録が出ると嬉しいし、楽しくなった」とすぐに陸上に魅了された。現在、週に3日、同パークに通って3時間ほど仲間とともに練習に励んでいる。

 古藤代表によると、大渕さんは当初、体の使い方など走り方に粗さがあったが、持ち前の身体能力の高さには目を見張るものがあったという。「物覚えが良く、まだまだ伸びると思う。将来が楽しみ」と太鼓判を押す。

 中学生になっても陸上を続けるという大渕さん。「中学に行っても大きな大会で活躍できるようになりたい」と意気込みを話した。

伊勢原版のローカルニュース最新6

旧跡100選まとめ

旧跡100選まとめ 文化

観ボラが第4版発行

10月23日号

イベントで地元を応援

イベントで地元を応援 社会

イセハライクが主催

10月23日号

クルリンに防具

伊勢原手作り甲冑隊

クルリンに防具 社会

ねんりんぴっくをPR

10月23日号

大神宮で毎朝ラジオ体操

大神宮で毎朝ラジオ体操 社会

代表 近藤宏さん

10月23日号

消費拡大でまち活性化

シルバー人材センター

消費拡大でまち活性化 経済

会員向け優待制度

10月23日号

仕事は健康維持につながる

仕事は健康維持につながる 社会

シルバー人材センター 小泉忠孚さん

10月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク