伊勢原版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

ソフトテニス 伊勢原中が県制覇 男子団体・個人で2冠

スポーツ

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
団体戦のメンバー
団体戦のメンバー

 神奈川県中学校ソフトテニス選手権がこのほど、富士見公園テニスコート(川崎市)などを会場に開催され、伊勢原中学校ソフトテニス部が男子団体戦で優勝。個人戦でも青木真尋さん(2年)・金崎隆之介さんペア(同)が優勝した。

男子団体戦

 男子団体戦には県内から32チームが出場。ダブルスで3試合戦う団体戦で、伊勢原中は初戦、2回戦と順調に勝ち上がり、迎えた3回戦の相手は夏の県総合体育大会で対戦した浜須賀中学校(茅ヶ崎)。常に同中と優勝争いを繰り広げるライバル校との対戦は、1試合落とすも、接戦を競り勝った。決勝で神明中学校(横須賀)に勝利し優勝を果たした。

 キャプテンの大嵩翔太さんは「去年も団体で優勝しているのでプレッシャーがあったが、皆の力が出せて、優勝できて良かった。仲間の応援も力強かった」と喜びを話した。

■団体戦のメンバーは以下の通り(敬称略)/大嵩翔太(2年)、脇田大吉(同)、金崎隆之介(同)、青木真尋(同)、中嶋彪雅(同)、満石彗斗(1年)、秋山陽希(同)、粂翔太(同)

男子個人戦

 県内から148組が出場した男子個人戦。7ゲーム制で4ゲーム先取したチームが勝利する。同部から出場した青木さん・金崎さんペアは、6試合を順調に勝ち抜き、決勝へ進出。迎えた決勝戦で本町中ペア(秦野)に勝ち、優勝を果たした。青木さんは「優勝できてほっとしている。次の大きな大会で勝ち抜くための自信になった」と話した。金崎さんは「優勝を目標に頑張ってきたのでうれしい。練習で自分の弱点を強化して、自信を持って臨めたのが良かった」と喜んでいた。

笑顔を大事に

 放課後の練習では常に部員たちの声が響き、笑顔が絶えないのが印象的な同部。指揮を執って6年目となる顧問の柿内友里教諭は「去年の新人戦、今年夏の県総体、そして今大会の優勝で団体3冠を達成できた。ただ関東大会ではまだ力不足。関東でも勝って全国大会に出場するのが目標です」と力強く語った。

 「子どもたちが委縮してしまうから」とミスをしても決して声を荒らげず、選手が常に笑顔でいることを指導しているという柿内教諭。苦しい場面でもコートで笑顔を絶やさないことで、余裕を持った試合運びができているという。

青木さん(右)・金崎さんペア
青木さん(右)・金崎さんペア

伊勢原版のトップニュース最新6

優良工場に磯崎絞製作所

県表彰

優良工場に磯崎絞製作所 経済

高精度の加工技術が評価

1月24日号

大山観光に新アプリ

大山観光に新アプリ 社会

平成大山講PJが開発

1月24日号

救急出動が過去最多

伊勢原市消防本部

救急出動が過去最多 社会

11年連続で増加

1月17日号

「千載一遇の機会に」

新春市民の集い

「千載一遇の機会に」 政治

高山市長が所信表明

1月17日号

「つつがなく一年進む」

大山

「つつがなく一年進む」 文化

阿夫利神社で筒粥神事

1月10日号

1085人が門出

伊勢原市成人式

1085人が門出 社会

13日に令和初の式典

1月10日号

産業・観光施策を充実

産業・観光施策を充実 政治

新春インタビュー 高山市長に聞く

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク